My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

RAMATAM(ラマタム)/RAMATAM 

ジミヘンを支えたドラマー、Mitch Mitchellが死去
 THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)、GYPSY SUN AND RAINBOWSのメンバーとして、人気絶頂期のJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)を支えたドラマー、“Mitch”ことJohn Mitchellが12日朝、豪華メンバーによるジミヘン・トリビュート・プロジェクト“EXPERIENCE HENDRIX”でのツアー中に滞在していた米オレゴン・ポートランドのホテルにて死去。享年61。病気などではなく、自然死だったとのこと。(CDジャーナル・サイトより)
詳細はこちら



ミッチ・ミッチェル氏が亡くなられた!!と聞きびっくりしました。
・・・とは言え、実のところその亡くなられた事実よりも、もうすでに・・・だと思っていたので(スミマセン・・・)。もはや伝説の彼方へのドラマーでしたもので―。

ボクが言うのも”恐縮”なのですが、ロック史に燦然と輝きを残してきた偉大なるドラマーでしたよね!
その偉大さに敬服しつつ、心より御悔やみを申し上げます。。


!なので、そのミッチ・ミッチェル氏の豪快なドラムも楽しめる♪・・・

IMG_00072956566521.jpg

70’sアメリカン・ロックの”隠し球”!?なのかそうかも知りませんが、2006年になって日本盤の初CD化(紙仕様)によって、ロック・リスナーへ広く知れ渡る(たぶん・・・。)事になった、短命”ハード・ロック”バンドのラマタムのデビュー作”RAMATAM”を聴きました!


このバンドの一番の特徴に、男性ミュージシャンに混じって紅一点の”女性リード・ギタリスト”のエイプリル・ロートン嬢が在籍していた事がまず挙げられるでしょう☆
時を同じくしてのJBG(ジェフ・ベック・グループ)時代のジェフ・ベックにも似た(”トーキング・モジェレーター”を使用する辺りはモロに!)印象です。しかも、彼女はコンポーザー(作曲者)としても大貢献しているので、もはや才能爆発!状態でしょうか。
エモーショナルにそして鋭角的に攻めるくるそのエイプリルの脇を固めるメンバーに、マイク・ピネラアイアン・バタフライに在籍していた)、さらにジミ・ヘンドリックス・イクスペリエンス他で有名な凄腕ドラマー、ミッチ・ミッチェルが参加と、その個性派でもある二者が絡んでいる事で、かなりのアグレッシヴで独特?な音も想像できるかと思いますが・・・

まんま、そのまんま!です。

しかも本作がその彼ら”RAMATAM(ラマタム)”のデビュー盤ということで、どこかこれ懸ける!?渾身さと気合すらも感じられますし、
アメリカンなバンドですが、70年代発ということもあるのか?どこか、ブリテッシュ・ハード的な勢いも感じるところです。
IMG_0006.jpg
何気に??ブイブイと鳴らし存在感もあるかのラス・スミスのベースやトミー・サリヴァンのサックスとキーボードの音の厚みも演出的効果も”大”ですし・・・よりロックの緊張感すらも高めているみたい・・・

なぜ?なぜ??当時もっと彼らが前面に出てこなかった!?来れなかったのが不思議なくらいの収録楽曲の充実度は高いのではと・・・。
最終へと繋がる(8)と(9)でのメロディックさとハードな劇的度・緊張感はハード・ロック・ファンならば、ゾ、ゾクゾクッ!と来るでしょう~


♪”WHISKEY PLACE


RAMATAM(ラマタム)/RAMATAM
1972年
1.Whiskey Place
2.Heart Song
3.Ask Brother Ask
4.What I Dream I Am
5.Wayso
6.Changing Days
7.Strange Place
8.Wild Like Wine
9.Can't Sit Still

ミッチ・ミッチェル(ds)
マイク・ピネラ(g,vo)
エイプリル・ロートン(g)
トミー・サリヴァン(key,reeds,vo)
ラス・スミス(b,vo)
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1972年 
未分類  :  trackback 1   :  comment 8  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。