My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

DREAMBOAT ANNIE(ドリームボート・アニー)/HEART(ハート) 

IMG_0025.jpg

HEART(ハート)となるとボク的には、80年代のあの”アローン”なんかの大衆的にヒットさせ商業的にも成功を収めていた頃の印象があるのですが―。(ファンと言うわけでもないので、”しかない!”としか言えない所でもありますか・・)
今回、改めてデビュー作”DREAMBOAT ANNIE”(ドリームボート・アニー)を聴いてみました。
10月でしたか、リマスター紙仕様盤が発売されていたので、きっと中古屋さんでも安価で手に入り易くなったの・・・かな?


よく初期の彼(女)らは”ツェッペリン的”だとか・・・そういう先入観みたいな心構えをしていたのですが、まず一通り聴いてみて、この本作のボクの印象は、とにかく”英国(70’s)ハード・ロック風味”を感じました!
・・・なので、
てっきり英国出身バンドかと思っていたのですが、実のところ、このハートになる前の母体バンドのメンバー、ロジャー・フィッシャースティーヴ・フォーセンは共にアメリカのシアトル生まれ。そして、そのフィッシャーとフォーセンのバンドに合流した、アン・ウィルソン(メインvo)はサンディエゴ出身。
その後、フィッシャーの兄になるマイケル・フィッシャーが居るカナダへ渡り、この1st作へと繋がる”ハート”としての活動を始めたそうな。。

このバンドの”肩書き”みたくよく言われ・聞かれる・・・”アンとナンシー姉妹の~”のナンシー・ウィルソン(妹)は、レコード・デビュー(本作)に際して本格的に参加。
ですが、やはりそれ以前からも時折、バンドと行動をともにしていたとか―。

本作は4人(アン、ナンシー、ロジャー・フィッシャー、スティーヴ・フォーセン)の基本メンバー・バンドに、レコーディングのために多くのゲスト・ミュージシャンを参加させているのも、本作の特徴になっている様ですね。

と言うことで・・・
実は”アメリカン・ロック・バンド”だったわけで~・・。
でもでも、アメリカンよりもどうもやっぱり!?英国臭が強く漂うかの印象は感じるのです・・。


全体像には、その英国的に湿り掛かったかのハード・ロックな要素と、素朴でアコースティックな一面(このアコギが見事、音に厚みが加えさせられているかの様・・)とが同居しているのは、その80年代に演奏していた派手目な音像とはまるで違いますね。
エアロスミスでもなく、キッスでもなく・・・クィーンの1stにもどこか通じる様にも思えたり・・・。
途中の(2)、(5)、(10)と”夢みるアニー”とする同タイトル曲を挿入し、アルバムにある流れの緩急も手の込んだものにしているのもどこかプログレ要素も感じたり―。



♪”CRAZY ON YOU”(クレイジー・オン・ユー)
本作の中にあって、一番のメインになる楽曲かと思われますし、個人的に一番に印象深い曲となりました!
イントロのアコギが先行しつつ、エレキでハードにキメる☆アイデアもなかなか手を掛けている様に思えます。アン・ウィルソンのダイナミックさのあるボーカル・ワークが、バンド・アンサンブルにも負けない勢いもあって、見事なハード・ロックしていますよね!(こりゃ~、カッコイイ♪)

(7)”ラヴ・ミー・ライク・ミュージック”もスライド・ギターの響きが印象的です。柔らかく歌っているアンもイイ~♪
全員で作ったという(8)”シング・チャイルド”は後半のメインにもなるでしょうかね。厚いコーラスも残りますが、途中にあるフルート(がジェスロ・タルを彷彿させます。)に鋭いギターが絡むテイストもハートなのでしょうね。



DREAMBOAT ANNIE/HEART
1976年
1.Magic Man
2.Dreamboat Annie (Fantasy Child)
3.Crazy on You
4.Soul of the Sea
5.Dreamboat Annie
6.White Lightning & Wine
7.(Love Me Like Music) I'll Be Your Song
8.Sing Child
9.How Deep It Goes
10.Dreamboat Annie (Reprise)

アン・ウィルソン(vo,g,fl)
ナンシー・ウィルソン(g,vo)
ロジャー・フィッシャー(g)
スティーヴ・フォーセン(b)
※ゲスト
ハワード・リース(g,synth,vo)
マイク・ドロージャー(ds)
デイヴ・ウィルソン(ds)
カット・ヘンドリクス(ds)
ロブ・ディーンズ(synth)
ゲオフ・フォーバート(Banjo)
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1976年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

RAINBOW RISING(虹を翔る覇者)/BLACKMORE’S RAINBOW(ブラックモアズ・レインボー) 


HR史上、実力とカリスマ性を持つ”三頭政治”による”様式美ハード・ロック”の不滅級作品
ハード・ロックを聴く方ならば、もはや説明不要!?な有名盤でしょうね・・・。
ディープ・パープルを自らのワガママで脱退したリッチー・ブラックモア(g)が、アメリカン・バンドの”エルフ”を乗っ取る形で、自らのソロ活動の進化発展形が1st”リッチー・ブラックモアズ・レインボー”(邦題:銀嶺の覇者)の発表へと繋がって行きました。
その”エルフ”に在籍しリード・ヴォーカルを担っていたのが、ロニー・ジェイムズ・ディオ(vo)。そのパワフルなボーカル・ワークは悶絶必死状態です。

ディープ・パープルの成功からギタリストとして世界級のカリスマでもあったリッチー・ブラックモアが、自らの表現させたいロックを追及させるのに、そのロニー・ジェイムズ・ディオの喉、声、表現力が必要であったでしょうし、そのロニーやリッチー自らをも活かすためへのバンド大改革が行われるのも時間の問題でした―。
そのデビュー作(銀嶺の覇者)の発表の3ヵ月後にはもう最初のメンバー・チェンジ!を行っています(速っ!!)。
もちろん良くも悪くも”独裁者”リッチー・ブラックモアの成せる業なのでしょうね(笑)。

その時に参加したのが、ジェフ・ベックのバンドや同じく英国出のハード・ロック・バンドでもある”ベドラム”等に参加し活躍をしていた故コージー・パウエル(ds)氏。
さらに、ジミー・ベイン(b)、トニー・カレイ(key)も本作の制作から参加。
すでにエルフの影も形も無くなっています!


一目惚れ?一聴惚れ!?でコンビネーションを組むこととなった、ボーカリストのディオとギタリストのリッチーが、新たにハード・ロック界においても既にトップ・ドラマーの地位へと挙げられるコージー・パウエルとの言わばトリオ(”三頭政治”・・・とも呼ばれてますね!!w)が、極上なる強力・屈強なるサウンドを屋台骨に、ハードなロック域で奏でられ、歌われ表現される様式美ある世界を創ってくれています。
さらに、ステージでの名演、好演、暴れっぷり等々!は伝説的な逸話として、これまでにも語り継がれ、この当時の彼らに魅せられフォロワーとなったファンも(今だに!)根強い!!ですよね♪


まさにっ!”ハード・ロック”と言えば・・・この”レインボー”って事で。。
ファンの好き?嫌い?(本作を嫌い!と言い切ってしまう方がいらっしゃるのでしょうかね??)はともかく、この”虹を翔ける覇者”には当時の熱き想いが込められていますし、この情熱はきっと永遠に語り継がれて行くものなのではないでしょうか!

(1)”タロット・ウーマン”から”(5)”スター・ゲイザー”に連続し(6)”ア・ライト・イン・ザ・ブラック”まで、どれもが極上なるハード・ロック料理のメイン・デッシュ。どれも食べ残しは効きません!ですね。
その”ア・ライト・イン・ザ・ブラック”を初めて聴いた時は、ホントにぶっ飛びました(笑)。
個人的にもレインボー(この頃はまだ”リッチー・ブラックモアズ・・です。)で一番好きな作品がこの”虹を翔ける覇者”なのです。




RAINBOW RISING/BLACKMORE’S RAINBOW
(1976年)
1.Tarot Woman
2.Run With the Wolf
3.Starstruck
4.Do You Close Your Eyes
5.Stargazer
6.Light in the Black

リッチー・ブラックモア(g)
ロニー・ジェイムズ・ディオ(vo)
コージー・パウエル(ds)
ジミー・ベイン(b,vo)
トニー・カレイ(key)

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1976年 
レインボー  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。