My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

WHAT’S WRONG WITH THIS PICTURE?(自画像)/ANDREW GOLD(アンドリュー・ゴールド) 



”アメリカ、ウエスト・コースト・ロックの全盛期を影で支えてきたミュージャン”ことANDREW GOLD(アンドリュー・ゴールド)のソロ2作目になる”WHAT’S WRONG WITH THIS PICTURE?(自画像)”を聴きました!
このアルバムも中古買いで、先日の”ヒューマン・リーグ”のと同じ日での買い物でした。本作収録の(7)”ロンリー・ボーイ”を以前ラジオで聴いてからの気になっていたアーティストだったわけで・・・。
すっかり忘れていたのですが、思わずの発見をしてしまい即購入だったわけで―。(※ちなみに1stも一緒に置いてあったのですが、ちょい値段が・・で見送りをさせて頂きました。苦笑)

このアンドリュー・ゴールドなるミュージシャンですが、詳しい方にはもちろん!すでにご存知でしょうが、彼の存在はそのウエスト・コースト・ロック人脈にあっても、代表的レーベル”アサイラム”にあっても、その音楽性(アサイラム・サウンド)を知るにも重要かつ深く関係してくるアーティストの一人でもあり、ミュージシャンでもあり・・・でしょうか。

アンドリュー・ゴールド自身、このソロ作品では、SSW(シンガー・ソング・ライター)として、また主に当時のリンダ・ロンシュタットの代表的な作品では、マルチな才能を発揮しまさにウエスト・コーストの影の立役者として名を馳せている存在です!



その彼の代表曲でもある”LONELY BOY”(ロンリー・ボーイ) です。で出しのピアノ・イントロから、何と歯切れも良く、またメロディの起伏も利いた素敵な楽曲ではないですか~♪
そのリンダ・ロンシュタットのコーラス参加もあるこの”ロンリー・ボーイ”にしばしメロメロだった訳ですが、他注目できるところにもウエスト・コースト人脈とも呼べるべきのラス・カンケル(ds)、ダニー・コーチマー(g)、ワディ・ワクテル(g、b)等々の協力(分厚いバンド・アンサンブルも楽しく思う♪)も得て、さらにプロデューサーには、リンダとも関わりの深いピーター・アッシャー氏が参加・・・と、アンドリュー・ゴールドの余りあるかの豊かな才能を見事に発揮されているアルバムです。

如何にも!?(西海岸な)サウンドでの(1)、ピアノ主体でゆっくり流れる(2)、ソウル的、またはロック色濃いボーカルが印象的な(3)ときて、(4)”人生はくりかえし”と(5)”エンジェル・ウーマン”の素晴らしいバラード連続技は心地良いですね。特に(4)では、(ケニー・エドワーズの)マンドリンが流れつつ、間奏にある(ダン・ダグモアーの)スティール・ギターの響きは雰囲気もあって最高です♪
短いながらも”力強い”想いを感じる(5)はアンドリュー・ゴールドによるピアノ弾き語りになっていますね。
(6)には洒落たサクスフォン・ソロも流れてきたり・・・。

どれもが素敵な味わいばかりの佳曲ぞろいです。



WHAT’S WRONG WITH THIS PICTURE?/ANDREW GOLD
(1977年)
1.Hope You Feel Good
2.Passing Thing
3.Do Wah Diddy Diddy
4.Learning the Game
5.Angel Woman
6.Must Be Crazy
7.Lonely Boy
8.Firefly
9.Stay
10.Go Back Home Again
11.One of Them Is Me
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1977年 

LET THERE BE ROCK(ロック魂)/AC/DC 


○全編、無駄を省いたブギーなソリッド感!音圧もボリュームもアップで魂を揺さ振られる’77年作の傑作盤―。

もうすぐ発売される新作盤も(~今月の22日は、その再発盤の大量発売から超”火の車”状態になるでしょう!!怖っ・・)個人的には、とても楽しみにしているのですが・・。
その前に本”LET THERE BE ROCK(ロック魂)”でも聴いておきましょう♪と思った次第なのです。個人的には、彼らの作品中にあっても特別に大好きな作品になるでしょう~。

何せ、(1)”ゴー・ダウン”から(8)”ホール・ロッタ・ロジー”まで、怒涛のギター・リフが流れつつ、ソロで悶絶しつつ、強烈なる縦横に揺れるハード・ロッキンとブギーなサウンドは、もうーっ!一気に駆け抜けてしまうほどの爽快さ抜群です!!
しかもいつの間にかにボリュームも上げて↑上げて↑・・・で、どの作品以上にも取分けこの”ロック魂”にある陶酔感は心地良いのではないでしょうかね。


本作のプロデューサーはまだあのジョン・”マット”・ランジ(アルバム”地獄のハイウェイ”から)氏ではありません。バンド初期から携わっている、ハリー・ヴァンダジョージ・ヤング(アンガス、マルコムの兄)によるもの。
70年代中~後半に掛けてへの当時の英国周辺の”パンク”勢らの台頭にも、このハード・ブギーな路線で真っ向勝負させるのですから・・・
彼らの”一本気”ある姿勢にファンは着いて行くのでしょうね。

全編、かなりの強いライヴ(”生”)感があるのですが、特に(3)”ロック魂”のレコーディング制作中には、アンガス・ヤング(g)のアンプが曲の途中で引火するというアクシンデント!?ハンプニング!?が起こり、曲が終わる頃には、アンプヘッドのワイヤーとバルブから煙がくすぶる始末だったとのこと。
とは言え、当の本人(アンガス)はそんなこともお構いなしにプレーを続行していたらしいのですが―。

この曲前半、ベース音が独りランニング(元々、疾走感の強い曲です。)するのですが、このリードしない?出来なかったギター(音)のアレンジは、逆にかなりカッコイイ☆
曲終盤にはそのリード・ギターの”熱気”迸(ほとばし)るソロのパフォーマンスは吸い込まれますよ。
アルバムのプロデュースとはまた違う、場の雰囲気(この”ライヴ感”)をアンガスのセンスで決められていたとも聞きます。

他にも(6)、(8)と言った有名曲をはじめ、アルバム・ジャケ通りのライヴ感がこの”ロック魂”全曲・全編にはあるわけですよ。強烈!なんです。
今は亡きボン・スコット(vo)のボーカル・ワークも決して歌が巧い!!て訳ではないのですが・・・このサウンドに実に合っています♪”ロック魂”はこの声じゃないと・・いけません。


↓今月発売されていた”レココレ”誌はAC/DCの特集でした。

バンドのこれまでの輝かしい経歴ストーリーや各ディスコグラフィーに興味のある方は、”レココレ”誌をチェックされてください!!w他にも”ローラ・ニーロ”や今月に紙ジャケ仕様で発売される”ベイ・シティ・ローラーズ””の小特集があったりでしたね。



♪”WHOLE LOTTA ROSIE”(ホール・ロッタ・ロジー)
この映像では、曲終盤の一番大事なギター・ソロ前に、ギターを支えている”肩ストラップ”が切れてしまうハプニング発生!!
しか~し、それにもめげずにギターを弾きつつ、支えつつ、膝でリズムを刻みつつ・・・
そんなアンガス・ヤング(g)のロックな”魂”にこそ満点ーっ!!!
※ユーチューブの映像リンク先が切られている場合があります。あしからず。




LET THERE BE ROCK(ロック魂)/AC/DC
(1977年)
1.Go Down (ゴー・ダウン)
2.Dog Eat Dog (仲間喧嘩はやめようぜ)
3.Let There Be Rock (ロック魂)
4.Bad Boy Boogie (バッド・ボーイ・ブギー)
5.Problem Child (素敵な問題児)
6.Overdose (オーヴァードウズ)
7.Hell Ain't A Bad Place To Be (地獄は楽しい所だぜ)
8.Whole Lotta Rosie (ホール・ロッタ・ロジー)

ボン・スコット(vo)
マルコム・ヤング(g)兄
アンガス・ヤング(g)弟
マーク・エヴァンス(b)
フィル・ラッド(ds)
※’75年から共に活動していたマーク・エヴァンス(b)は、本作のレコーディングだけの参加。アルバム発表後のツアーからクリフ・ウィリアムズが新加入。


テーマ: HR/HM

ジャンル: 音楽

タグ: 1977年 
AC/DC  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。