My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

CRASH(クラッシュ)/HUMAN LEAGUE(ヒューマン・リーグ) 


HUMAN LEAGUE(ヒューマン・リーグ)が1990年に発表したアルバム、CRASH(クラッシュ)を聴きました♪
!何と言ってもこのアルバムには、(3)”HUMAN”(ヒューマン)収録です。
全英8位、全米では1位に輝く大ヒットシングル曲なのでご存知な方も(きっと・・)多いはず。
ですが・・・自分はこの曲しか知りませんし(笑)、ましてこの”ヒューマン”を歌っているのが、その”ヒューマン・リーグ”と言う名だったというのも最近ラジオで知りました(爆w)。

横浜は伊勢佐木町モール(JR関内駅前にある繁華街です。)に古くから営業されていた(先日、お店の長い歴史に幕を下ろしました!!涙)、”松坂屋”(マツザカヤ読みで、尚且つ、ミュージシャン”ゆず”の街頭ライヴでも有名!)のスグご近所になる”ブックオフ”さんへ立ち寄るたんびに、この”ヒューマン・リーグ”のアルバムが無いか??調査(大袈裟っ!)していたのですが―。
今日(27日)に方角的にも反対になるディスク・ユニオン”さんに安価にてさりげなく置いてあったので、急遽購入した次第なのです♪

秋・冬のこの時季(と言っても関東は”らしくない”暖かい日々が続いているのです~。。)にピッタリなサウンドではないでしょうか。

ところで、このシングル曲”ヒューマン”を含めアルバム制作にも大きく関わる仕事をされたプロデュースに”ジャム&ルイス”(ジミー・ジェイムズ・ハリスとテリー・ルイス)の二人が携わっているということを解説でみました!
この二人はプリンスのバック・アップも得て活動していたザ・タイムのメンバーでもあり、後にはジャネット・ジャクソンの作品”リズム・ネイション1814”や”コントロール”をもプロデュースされていたコンビでもあります。

80年代に氾濫したあの時代性から来た”らしい”デジタルでエレクトリックなファンク・ビート混みのサウンド像(ギター色は薄く・・・殆ど皆無かも!?ですが、プリンスを彷彿です。)なのですが、アルバム全体で醸し出す印象は意外!?と単調でもなく・・・。リズム・パターンはループ(繰り返し)なのですが。。
(3)”ヒューマン”の印象が強いからかも・・・ですが(苦笑)。
今聴いても結構安心して聴けるデジタルな音でしょうか。。



CRASH/HUMAN LEAGUE
(1990年)※(1986年)
1.Money
2.Swang
3.Human
4.Jam
5.Are You Ever Coming Back?
6.I Need Your Loving
7.Party
8.Love on the Run
9.Real Thing
10.Love Is All That Matters


※HUMAN LEAGUE-Member
Ian Burden
Joanne Catherall
Philip Oakey
Jim Russell
Susanne Sulley
Philip Adrian Wright
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1986年 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。