My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

おくやみ 加藤和彦さん・・・ 

びっくりしました。
詳しい事情等々ではよく判りませんが・・・

自分もよく聴いてきた(・・・と言うよりかは、その加藤和彦さんの手掛けた作品があまりにも多すぎて勝手に耳に入ってきますよね。。)音楽だったのでただただ残念に思いました。

つい先日もニッポン放送のある番組で、加藤和彦さんの声だけでの出演インタビューが流されていて、あの”サディスティック・ミカ・バンド”を起てた70年代頃の個人的にも興味深い話をされてまして、
あの”優しい”、”カッコイイ”話し方は健在なんだなぁ・・・
と感じていたもので―。

その放送からすぐの訃報だったので、本当に驚きました。。


今では”J-POP”と呼ばれるこの日本のポップス音楽業界への功績や貢献はあまりにも大きく・・・
元祖”メロディー・メイカー”と言いましょうか、、、多数の有名曲、各アーティストさんたちへのプロデューサーとしてもすごい!活躍。。

日本ポップ・カルチャーの先端であり、先導もされてましたね―。




♪”タイムマシンにおねがい


これまでの素晴らしい音楽/作品を
   ありがとうございました。(~合掌....)

スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

レコード・コレクターズ10 

IMG_0015レココレ ビートルズ

今号の特集は表紙のとおりの”ビートルズ”リマスターCD情報がメイン!

※他にシカゴの新リマスター盤、アメリカ、スワンプ系ミュージシャンのドニー・フリッツの特集もありましたし・・・・
さらには毎月のお馴染みのコーナー”ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ~音の向こうに”ではイエスの新リマスター・SHM-CD盤についての情報も―。

※中野さんの”レコ屋日記”のコーナーが今号で終了・・・。
中を開けばこのコーナーを結構、楽しみにしてただけに終了が寂しくも思ったり・・。

→今号からの新連載に”ビートルズ来日学”(取材・文に宮内正隆氏)のコーナーが始まったそうで。
・・・ビートルズ関連ということでも実にタイムリーな新コーナーの登場ですね。



最近、レココレ誌の購入も立ち読みすらもしてませんでしたが、
やはりビートルズ・ネタと来れば迷わずの購入でした・・。

内容紹介
【特集】 リマスターで聞くビートルズ

1987年にまとめてCD化されて以来、音質向上が長く望まれてきたビートルズのオリジナル・アルバムが、ついに24ビットでデジタル・リマスタリングされました。しかも、今回は全作ステレオで、限定ボックス仕様とはいえモノラル・ミックスも全部揃う形でのリリース。ステレオとモノラルが“混在”していた1960年代の“音”をしっかりと追体験できることになったのです。今月号では、限定的ながらもリミックスからマッシュ・アップまで数々の試みがなされてきたビートルズCDの1987年以来の“歩み”を振り返りながら、その最新リマスターCDの音質、“改訂”箇所、限定紙ジャケなど、気になるポイントを徹底的にチェックします。

■ 音質、パッケージともに魅力的な白黒二つのリマスター・ボックス(和久井光司)
■ 90年代以降のプロジェクトの経験が生かされた待ちに待ったリマスター盤(大鷹俊一)
■ リマスター・プロジェクトに関わった二人に聞く(宮永正隆)
■ 最新版CD試聴報告~見えてきた09年リマスターの方向性(森山直明)
■ ビートルズが活躍した60年代に共存したモノラルとステレオの二つの完成品(犬伏功)
■ デジタル・リマスタリングの進歩と共に歩んできたビートルズ関連の復刻(武田昭彦)
■ ビートルズの“原点”でもある音源がデラックス・エディションで登場(三宅はるお)
 ↑
Amazonのサイトから引用しました




全体的にも読み応えありましたが、個人的には・・・”最新版CD試聴報告~見えてきた09年リマスターの方向性(森山直明)”の記事が特に興味深かったですね。
今号ではどうやら”ステレオ”がメインみたい。来月号では”mono”の記事を載せるとかで、ちょいやきもき・・。

さすが!?のレココレ誌。
リマスターCDの音質、改訂箇所、ジャケ情報等いつもの読み口・切り口で、チェックされている様なので、この今回のリマスターCDを購入された方は、ある程度の参考になりつつ楽しめるかと思いましたよ―。


テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

コンプリート・ビートルズ(リマスターCD公式ガイド) 

IMG_0001コンプリート・ビートルズ

来週9日はリマスター版のビートルズの各種発売日で、個人的にも楽しみですけども・・・
それに伴っての特集を組んだ、または再発行だったり新刊だったりの多種多様な”関連本”の発刊が多い!!です^^

今回”MONO”ボックスを予約済なんですが、その解説書代わりにと、このコンプリート・ビートルズ(リマスターCD公式ガイド)を購入しました!
これまでの日本CD盤の解説でも封入されている”ザ・ビートルズ・クラブ”の著書のものです。

ある本屋ではビートルズ・コーナーなんかも設けてあって、沢山の目移りもしそうになる程に多品種!(苦笑)な関連本が用意されてました。
何を買うか(全部、手元に置いたくなりますが・・)迷うところですが、とりあえずまずこのコンプリート・ビートルズは購入しておこう!と言ったところです。


IMG_0001コンプリート・ビートルズ (1)
メンバーの写真でカラーもありますが、記事の文面での色彩は基本”モノクロ”(白黒)になってますね。

各アルバム作品の紹介はありますし、アルバム毎の収録曲のちょっとした解説もありますが、今回のリマスターに関する解説自体は、少ないかな~。。。の印象です。
マニアでコアで年季の入った、あるいはCD盤を全部持ってるよ!のビートルズのファンの方で、今回のリマスター版(CD盤)の情報が欲しい!!という方には満足度も低いかも?・・・な内容かも知れません―。

ビートルズ(各アルバム)としての基本的な情報を一応に押えてありますよ!的とみて良いでしょうか。


テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

TOP GUN SOUNDTRACK  

TOP GUN”のサントラ盤も紙ジャケで最新(’09年)リマスターとしてリイシューされました。
50,60代の方をはじめ、40、30、20代さらには現在、青春を謳歌してる(?笑)10代の方・・・と映画の特別熱烈ファンでなくても、それぞれの世代や方々で心の想い出に残る”この一作”が必ずあるかと思います―。

30代のボクとしては、この”TOP GUN”(1986年)こそが心に残る一作になる訳なんです。
IMG_0010トップガン・サントラ

青春モノで同系統的な”愛と青春の旅立ち”や”フットルース”、”フラッシュ・ダンス”なんては当時の実際の映画館では観れませんでしたし・・。
この”トップガン”はその当時の映画館で連続2回(今みたく入れ替え制では無かったので・・・)は当然!観ちゃいましたし。。♪
今でもTVでやってくれるなら思わずTV画面にカジリ・・は付きませんが、でも懐かしがって観ちゃいますよ^^


ベタですが、

トップガントムクルーズ

トム・クルーズが格好良かった!!

戦闘ドッグ・ファイト・シーンや空母からの離陸シーン等々の映像に迫力もありましたし、(当時にしては)観たこともなかった新鮮味ある映像だったので、ただただ興奮と感動・・。

そして何より、音楽♪
本サントラ収録(1~10)は全てのシーンで使われ、その全てが名シーンになってますよね。
このサントラ盤はアナログでこそ手元にありませんでしたが、CD盤は2回?(今回で3回分)は購入してしまったかも。昔、住んでた頃の・・・家に・・・(爆)あげてしまったかな?^^;

(1)”DANGER ZONE”(デンジャー・ゾーン)は、自身の学生時代の体育祭か文化祭の演出でも使ってましたっけ・・・
アーティスト歴の長いケニー・ロギンスもこの曲のロックに弾けてた印象が今だに残ってしまってます(苦笑)。

収録曲どれもが好曲なんですが、ラストの”TOP GUN ANTHEM”(トップ・ガン・アンセム) はもう~・・・・見事に作曲のH・ファルターメイヤー氏の術中にハマりました!アメリカ人的”お涙頂戴!”演出にやられましたね。
ギター・ソロのスティーヴ・スティーヴンスも巧い!!(この後、彼は”スピード”のタイトル・テーマ曲のギターを担当されてましたね。。)
嗚呼~カッコイイ☆笑



※11~20のボートラ収録は、”おまけ”にしてちょい贅沢な思いも感じたり^^
どれもオリジナルが収録になっている様ですが・・。
”ヨーロッパ”だとか”MR.ミスター”だとか、”スターシップ”も最後の”ジェニファー・ラッシュ”なんて、映画本編に何かの関連はありましたっけ???(苦笑)

”トップガン”なので慣れ親しんだ1~10だけで、
もちろん充分なんですけどもね~♪

(5)”TAKE MY BREATH AWAY” (愛は吐息のように)は・・・・今聴いても恥ずかしくなります(爆)。

トップガントムクルーズ2



”TOP GUN” SOUNDTRACK
(1986年)
1.Danger Zone - Kenny Loggins
2.Mighty Wings - Cheap Trick
3.Playing With The Boys - Kenny Loggins
4.Lead Me On - Tina Marie
5.Take My Breath Away - Berlin
6.Hot Summer Nights - Miami Sound Machine
7.Heaven In Your Eyes - Loverboy
8.Through The Fire - Larry Greene
9.Destination Unknown - Marietta
10.Top Gun Anthem - Harold Faltermeyer

11.(Sittin' On) The Dock Of The Bay - Otis Redding
12.Memories - Harold Faltermeyer
13.Great Balls Of Fire - Jerry Lee Lewis [Original Version]
14.You've Lost That Lovin' Feelin' - The Righteous Brothers
15.Playing With The Boys - Kenny Loggins [12" Version]
16.Can't Fight This Feeling - REO Speedwagon
17.Broken Wings - Mr Mister
18.The Final Countdown - Europe
19.Nothings Gonna Stop Us Now - Starship
20.The Power Of Love - Jennifer Rush
※11~20はボーナス・トラック



♪”DANGER ZONE”(デンジャー・ゾーン)



♪”HEAVEN IN YOUR EYES”・・・この素敵なバラードを演奏してる”LOVERBOY” (ラヴァー・ボーイ)のリシューCD盤が8月に出るんですよね=
個人的に楽しみ♪にしています。

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

特選 大河ドラマ名曲集 

51uE4V3v9ELtaiga.jpg

ディスク1
(幕末・維新編)
1.篤姫
2.徳川慶喜
3.翔ぶが如く
4.春の波涛
5.獅子の時代
6.花神
7.勝海舟
8.竜馬がゆく
9.三姉妹
10.花の生涯

ディスク2
(戦国・時代編)
1.風林火山
2.功名が辻
3.武蔵~MUSASHI
4.利家とまつ~加賀百万石物語
5.毛利元就
6.秀吉
7.信長
8.武田信玄
9.独眼竜政宗
10.徳川家康
11.おんな太閤記
12.黄金の日日
13.国盗り物語

※演奏:NHK交響楽団ほか


これまでの大河ドラマで使われた番組オープニング・テーマ曲集です!
有名・話題・時代をも彩ってきた大河ドラマの名曲たちがこのCD2枚組みに収録されています。
ディスク1には”幕末・維新編”、ディスク2には”戦国時代編”とコンパイル化されています。

これまでの放送されてきた全てではありませんが、昭和38年作”花の生涯”から昨年(2008年)放送された”篤姫”まで・・と収録になっているので、楽しめましたよ♪




そんなボクのお気に入りは・・・・


やはり”武田信玄”ですね!す、す、素晴らしい~です!!!!!

ドラマ本編にあっても当時も今もファンをはじめ歴史ドラマに興味ある方々には、かなりの好評価を得ている”武田信玄”(主演は中井貴一氏)ですね。
武田信玄という戦国時代の名将の生涯を綴っている大河なのですが、(”風林火山”は信玄のもとで活躍した山本勘助の物語でした。)この曲はインパクトは放送当時も憶えているほど―。
ドラマ自体の細かい流れは・・・憶えていないのですが・・(苦笑)。

名作曲家の山本直純さんはこの曲においても素晴らしい感動を与えてくれているんですよね!

曲前半にある雄大な力強さ、逞しさ、時代の動乱さを熱く激しくと表現していて、中盤での広く深緑な安らぎさのあるひと時はまさに甲府にある山々の穏やかな峠を越えて行く様相も感じとられ・・・。

終盤から終わりへ掛けてのパートでは、武田の騎兵隊がいざ!疾風の如き駆け抜ける姿を重厚感もあるコーラス声でより信玄公が神が懸かってたかの印象や表現も感じたり―。
きっと誰しもが武田信玄という武将に寄せる想い???が、この曲の中に集約されているみたい・・・。
(ゆーちゅーぶにあるドラマ本編のタイトル・バック映像と印象が同じや~ん)

戦国という時代の世にある熱く奮えてくるような・・・ダイナミックで勇ましい曲ですね♪(イイ曲です!)



この”武田信玄”だけではありませんが、収録されてある全タイトルはわずか2~3分という短い時間の曲中でも色々な風景や表情をも感じるとることができるでしょうか。

篤姫”のテーマ曲も当初はそんな特別な印象も感じてなかったのですが・・・
本編も終わり頃になると不思議と懐かしい(?)感じ・・・

そういえば!?”義経”のテーマ曲が収録されてませんね!?(なんでだろう?鎌倉時代だからかな・・・。)


現在、放送してる”天地人”(上杉家老、直江兼続)のテーマ曲も・・・最近、やっと(?)慣れてきたのか、ハマりつつあります。

残念ながら本CDにはその”天地人”は収録されていません!!



(おまけ)
信長の野望 革新
もともと2,3年ほど前に発売されたソフトを最近購入しまして、
気長にプレーしてますがこれまたハマりつつあります。。
でもまるで勝てません!(笑)
51hZYYdHizLのぶながのやぼう111
若い頃!?の徳川家康(松平元康)でやってますが、武田、上杉、織田らによって、あっさりとこっぱ微塵に玉砕しましたよ(爆)!!
風のたよりで耳にしてましたが、上杉軍と武田軍がとにかく強すぎます(大泣)。。



最近では若い女性の方を中心に???戦国時代、戦国武将の人気が高まっている!だとか・・・
イイですね♪
地元市内にある有名な大型書店でも、戦国・歴史ものの専門コーナーがあったりしてますが、何気に?充実感がありますもの。

・・・まぁ、そんな自分も興味津々だけど大して詳しくのない”にわか”ファンかな~笑


テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 2009年 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。