My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

TOP GUN SOUNDTRACK  

TOP GUN”のサントラ盤も紙ジャケで最新(’09年)リマスターとしてリイシューされました。
50,60代の方をはじめ、40、30、20代さらには現在、青春を謳歌してる(?笑)10代の方・・・と映画の特別熱烈ファンでなくても、それぞれの世代や方々で心の想い出に残る”この一作”が必ずあるかと思います―。

30代のボクとしては、この”TOP GUN”(1986年)こそが心に残る一作になる訳なんです。
IMG_0010トップガン・サントラ

青春モノで同系統的な”愛と青春の旅立ち”や”フットルース”、”フラッシュ・ダンス”なんては当時の実際の映画館では観れませんでしたし・・。
この”トップガン”はその当時の映画館で連続2回(今みたく入れ替え制では無かったので・・・)は当然!観ちゃいましたし。。♪
今でもTVでやってくれるなら思わずTV画面にカジリ・・は付きませんが、でも懐かしがって観ちゃいますよ^^


ベタですが、

トップガントムクルーズ

トム・クルーズが格好良かった!!

戦闘ドッグ・ファイト・シーンや空母からの離陸シーン等々の映像に迫力もありましたし、(当時にしては)観たこともなかった新鮮味ある映像だったので、ただただ興奮と感動・・。

そして何より、音楽♪
本サントラ収録(1~10)は全てのシーンで使われ、その全てが名シーンになってますよね。
このサントラ盤はアナログでこそ手元にありませんでしたが、CD盤は2回?(今回で3回分)は購入してしまったかも。昔、住んでた頃の・・・家に・・・(爆)あげてしまったかな?^^;

(1)”DANGER ZONE”(デンジャー・ゾーン)は、自身の学生時代の体育祭か文化祭の演出でも使ってましたっけ・・・
アーティスト歴の長いケニー・ロギンスもこの曲のロックに弾けてた印象が今だに残ってしまってます(苦笑)。

収録曲どれもが好曲なんですが、ラストの”TOP GUN ANTHEM”(トップ・ガン・アンセム) はもう~・・・・見事に作曲のH・ファルターメイヤー氏の術中にハマりました!アメリカ人的”お涙頂戴!”演出にやられましたね。
ギター・ソロのスティーヴ・スティーヴンスも巧い!!(この後、彼は”スピード”のタイトル・テーマ曲のギターを担当されてましたね。。)
嗚呼~カッコイイ☆笑



※11~20のボートラ収録は、”おまけ”にしてちょい贅沢な思いも感じたり^^
どれもオリジナルが収録になっている様ですが・・。
”ヨーロッパ”だとか”MR.ミスター”だとか、”スターシップ”も最後の”ジェニファー・ラッシュ”なんて、映画本編に何かの関連はありましたっけ???(苦笑)

”トップガン”なので慣れ親しんだ1~10だけで、
もちろん充分なんですけどもね~♪

(5)”TAKE MY BREATH AWAY” (愛は吐息のように)は・・・・今聴いても恥ずかしくなります(爆)。

トップガントムクルーズ2



”TOP GUN” SOUNDTRACK
(1986年)
1.Danger Zone - Kenny Loggins
2.Mighty Wings - Cheap Trick
3.Playing With The Boys - Kenny Loggins
4.Lead Me On - Tina Marie
5.Take My Breath Away - Berlin
6.Hot Summer Nights - Miami Sound Machine
7.Heaven In Your Eyes - Loverboy
8.Through The Fire - Larry Greene
9.Destination Unknown - Marietta
10.Top Gun Anthem - Harold Faltermeyer

11.(Sittin' On) The Dock Of The Bay - Otis Redding
12.Memories - Harold Faltermeyer
13.Great Balls Of Fire - Jerry Lee Lewis [Original Version]
14.You've Lost That Lovin' Feelin' - The Righteous Brothers
15.Playing With The Boys - Kenny Loggins [12" Version]
16.Can't Fight This Feeling - REO Speedwagon
17.Broken Wings - Mr Mister
18.The Final Countdown - Europe
19.Nothings Gonna Stop Us Now - Starship
20.The Power Of Love - Jennifer Rush
※11~20はボーナス・トラック



♪”DANGER ZONE”(デンジャー・ゾーン)



♪”HEAVEN IN YOUR EYES”・・・この素敵なバラードを演奏してる”LOVERBOY” (ラヴァー・ボーイ)のリシューCD盤が8月に出るんですよね=
個人的に楽しみ♪にしています。

スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

冬物語~Still Loving You  

段々とクリスマスまでの準備が早過ぎやしないかなぁ~?
そんなもんだから・・・
段々とクリスマスまでの期間が延びて来てはしないか??w

横浜にある中心街(横浜駅周辺やみなとみらいだとか・・)は、もう?・・・ってかまだ11月や~ん。。なのに、クリスマスですって!(早いのね☆)

今年になって(?)余計に”不景気”(”景気の悪化”の方が適切?)という文字をまた改めて見せられているかのこのご時世(?)。
サービス業なる”売る側”は必死!!ですよね。。(ツライところです。)
クリスマスなんて言わば年に一番の”書入れ時”~♪(年を重ねるって・・・こういう事なのかっ!?)

街並みとすれ違う人々の妙に浮かれているかの空気と匂いと、この先取りクリスマス”商戦”は、まぁ放っておいて・・・(・・・嗚呼~もうこりゃ~、30おっさんのひがみの何でもないかもっ!・・苦笑)

なので!?
耳から感じ取ろう!の感性と感動~♪と想いつつ、

IMG_0022冬物語

このコンピレーション・アルバム”冬物語~Still Loving You”を
聴いています・・♪
タイトル通りでそのもの!!なのですが、冬をテーマにされた楽曲ばかりを集めたものです。
全て邦楽アーティストによるものです。
(1)”サボテンの花”のチューリップ・・・から、(12)”さよなら”のオフコース・・・まで。
チューリップオフコース中原めいこ山本達彦尾崎亜美ハイ・ファイ・セットと言った、ある年代の方々からは(きっと)想い入れの濃さもあるかも~の競演と、またどれもこの冬(になろうとしてる~)の時季に聴かずしていつ?聴きますかっ!となる印象深い作品曲ばかり―。
です。


さらにこのCD付属のインナーには、吉元由美氏の監修によるちょっとしたエッセイも封入されています。


このCDでも聴きながら、物思いに更けますか―。


東京の山の手・・・とは違いますが、横浜にも”山手”という所があるんです。が・・・
この秋~冬にかけてのその山手~元町周辺(急な登り坂があるんですけども・・)は、個人的にすきな場所・スポットになるでしょうか。
たそがれにもバッチリ!なんですよ~(あは)

あと・・・昨年、丁度そのクリスマスど真ん中の時(夜景を撮るの・・)に行った、伊勢山皇大神宮周辺(こちらも坂道を登るのですが・・)も味がありましたね~♪違った角度でみなとみらいが観れますので☆

みなとみらいのオフィス・ビル群で毎年行っている”全館照明”はとにかく夜景も綺麗です・・。
すんごく!混雑しますけどね~
オススメです~♪




冬物語~Still Loving You
1994年
1.サボテンの花( チューリップ)
2.Funky Christmas (中原めいこ)
3.ON A CHRISTMAS (山本達彦)
4.ひとりぼっちのクリスマス (ハイ・ファイ・セット)
5.Someday Somewhere (チューリップ)
6.午前5時の旋律 (尾崎亜美)
7.忘れ雪 (オフコース)
8.さよならは言わない (山本達彦)
9.I Miss My Valentine (中原めいこ)
10.私は愛を唄わない (尾崎亜美)
11.冬の海 (ハイ・ファイ・セット)
12.さよなら (オフコース)

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1994年 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。