My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

DRAMA(ドラマ)/YES(イエス) 

1978年にある意味、時代性(ときに”パンク”勢力の拡大時代!)にも取り残されたアルバム”TORMATO”(トーマト)の発表後に、メンバーはそれぞれソロ作業に着手。
天変地異をも狙う!?そのパンク勢からの”新時代の扉をこじ開けようとする”圧力は、イエスのそれまでのバンドとしての存在意識をも脅かし、’79年前半頃に、バンドは新アルバムの制作に取り掛かるも、アンダーソンウェイクマン組みとハウスクワイアホワイト組みとで意見の相違と衝突が勃発!・・・・。その新作の作業も頓挫してしまう!とのこと。

結局は、ジョン・アンダーソン(vo)の脱退を受け、元々ソロ志向の高かったリック・ウェイクマン(key)も後を追うように脱退―。


IMG_0113どらま
そんな中、同じ頃にレコーディングをしつつ、イエスの全盛期に興味を持っていた”BUGGLES” (バグルス/トレヴァー・ホーンジェフリー・ダウンズ)の二人が、そのハウスクワイアホワイトのセッションに合流するカタチで、”新生”イエスの再生と始まり・・・。
その再生型イエスが発表したアルバムがこの”DRAMA”(ドラマ)になります。

”パンク”とともに、時代の一端を握ろうと光を受けつつあった”ニュー・ウェイブ”の最先端!”テクノ”の範囲でも語られることも出来るでしょうのバグルス。
その頭脳と手とも足ともを呼べるかの実績(あの”ラジオ・スターの悲劇”をヒットさせている!)才能を持つ2人の速やかな合流が、もはや老体?ともなっていた”イエス”を再帰させたのは、この時代を先読みしてるかのエレクトロチックでメリハリのある音像を聴けば明らかでしょうか。

ファンの間でも”もっともイエスらしい作品~・・・”とも評されるほど―。誰もが常にイエスというバンドに期待していた”音”が流れてくるのは、もはや皮肉にもならない褒め言葉でしょう。
ただ、表面的にはその先端を行くかの(アナログの時代に)デジタルっぽい演出が施されていることにも喜んでいたファンらも、ステージで現実として観る新ボーカリストのトレヴァー・ホーンの丸いサングラス姿でイエスのバンドを背負わす事を許さずに・・・
音楽的には評価高い作品を創り出してたいたにも関わらずに、わずかこの1作にて、ある意味(アンダーソン、イコールがイエス)ファンたちによって”更迭”(!?)を受けます・・。



その後、ハウは新たなる野望?!をASIAへ求め、そのハウに誘われる形でダウンズも移動合流へ。
ホーンはミュージシャン活動を停止し、プロデュース業へ移行し、新アーティストの発掘をも行いつつビッグ・ヒットをも手掛け、有名プロデューサーへ転身の成功もありつつ、後の”90125イエス”にも合流(アルバムのプロデュースを行う)しています。
残ってしまった!?本隊(スクワイアホワイト)は迷走しつつも、ジミー・ペイジ(”元”レッド・ツェッペリン)ら他ミュージシャンらとセッションを行い再帰を模索することに―。


この”ドラマ”・・・
ボクも大好きな作品でもあります~♪


♪”TEMPUS FUGIT”(光陰矢の如し)
gハウとbスクワイアの疾走感の強いユニゾン・プレーが印象的で、とにかくイイでしょう!?~♪


・・・2008年のライヴ映像があるなんて!??アップされている方に感謝!!致します。
映像に観える”代役”ボーカルはBENOIT DAVID氏だそうです・・。
ボクの個人的好きなアーティストのお一人で、故障療養中のジョン・アンダーソンの回復・復帰が(とにかく!!)待たれます。


ASIA(詠時感~時へのロマン)/ASIA
90125(ロンリー・ハート)/YES


DRAMA /YES
1980年
1.Machine Messiah
2.White Car
3.Does It Really Happen?
4.Into the Lens
5.Run Through the Light
6.Tempus Fugit

クリス・スクワイア(b,p,vo)
アラン・ホワイト(ds,per)
スティーヴ・ハウ(g,vo)
ジェフリー・ダウンズ(key,vo)
トレヴァー・ホーン(vo)
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1980年 
イエス  :  trackback 1   :  comment 4  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。