My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

Kind of Blue:Legacy Edition(カインド・オブ・ブルー:レガシー・エディション)/MILES DAVIS(マイルス・デイヴィス) 

昨年(2008年)に・・・・
~ジャズ史上に燦然と輝くマイルス・デイヴィスの名盤『Kind Of Blue』が完全未発表テイク収録、ポスター、60ページ豪華ブックレット、180g青盤カラーLP、DVD収蔵の限定盤で登場!(HMVのサイト)~
が発売されましたよね!

”モード・ジャズの金字塔”・・・と名高い作品”Kind of Blue”(カインド・オブ・ブルー)
です。
カインド・オブ・ブルー(気になる方、詳しくは”ウィキペディア”で)


アナログ・レコード盤を含むまさに”コレクター盤”だったのですが、今回、ボクが購入したのはその”簡易版”となる”レガシー・エディション”(Columbia、Europe)盤です。
レガシー・エディション Columbia Europe
↑現品そのものなのですが・・残念なことにジャケには、変!?なマーク付いていて・・・(苦笑)。シールで無いので剥がせません!

本品は、その生産限定コレクターズ・エディション(BOX盤)からのCD1とCD2をそのままピックアップしたアメリカ盤CD2枚組と、それに”日本語字幕”の入ったDVD盤が追加されている仕様です。
(CD2枚組+DVDヨーロッパ盤)
個人的には、一般的に流通されている”カインド・オブ・ブルー”は手元にありますし、どうしてもな購入願望があった訳でもなかったのですが、その言わば”ボーナス・トラック”やDVD映像も気になってしまって、しかもだいぶ購入しやすい金額!?になっていた(輸入盤ですけども・・)ので―。
※同じくレガシー盤として、
USA盤もリリースされていますが、どうやらDVDの無いCD2枚組み仕様のようですね。

IMG_01331マイルス


正直、まだつい先頃、納品されたばかりでまだ聴いて・観てもいないのですが・・・。
ここまでの”超”銘(名)盤ですと、ボクのような人間がどうこういうことでも無いでしょうし―。

ジックリと味わいます♪



Kind of Blue:Legacy Edition/MILES DAVIS
(1959年)(2009年~レガシー・エディション盤)
ディスク:1
1.So What
2.Freddie Freeloader
3.Blue in Green
4.All Blues
5.Flamenco Sketches
6.Flamenco Sketches (alternate take)
7.Freddie Freeloader - studio sequence
8.Freddie Freeloader - false start
9.Freddie Freeloader - studio sequence 2 (previously unreleased)
10.So What - studio sequence 1 (previously unreleased)
11.So What - studio sequence 2(previously unreleased)
12.Blue in Green - studio sequence(previously unreleased)
13.Flamenco Sketches - studio sequence 1
14.Flamenco Sketches - studio sequence 2 (previously unreleased)
15.All Blues - studio sequence(previously unreleased)

ディスク:2
1.On Green Dolphin Street
2.Fran-Dance
3.Stella by Starlight
4.Love for Sale
5.Fran-Dance (alternate take)
6.So What (previously released in unauthorized form)

DVD~
・55-minute documentary film (日本語字幕つき)
・“So What” music video

ビル・エヴァンス(p)
ジョン・コルトレーン(Tenor-Sax)
キャノンボール・アダレイ(Alto-Sax)
ジミー・コブ(ds)
ポール・チェンバース(b)
ウィントン・ケリー(p)
マイルス・デイヴィス(Trumpet)
IMG_01321マイルス
ボク的には、絶対的な?神々しい作品との想いは薄いのですが、
それでも改めて・・・このメンツの集合体がこの凄味の一つでもあるのでしょうね。上にも記載した巨人たちの作品を追っかけても、そのmy人生が一つじゃ足りないかも・・・ですよね。

ジャズの歴史の一部であったり、時代を先導させた瞬間がここに詰まっているのですからね―。
その感動は小さくないです。
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。