My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

マイケル・ジャクソン紙ジャケ盤発売! 

世紀のアーティスト、マイケル・ジャクソン氏が亡くなられて、もう随分と(そうでもない?)時間が過ぎましたね。
あの数ヶ月前までにあったスターのスキャンダラスな”酷”イメージとして、マスコミにあれだけ悪評されていた一方的な報道はどこへやら・・・。
の追悼ムードに覆われた週間のようです。

8日に行われた”追悼式”でももの凄い反響だったようで・・。
現地及び世界的に死してなおも拡がろうとしてるこのマイケル・ジャクソンという人間の影響力って・・・・とてつもなく凄い!!・・・と素直に感じるところです。

今も財産分与だとか死因探りだのどうでもいい余計な詮索ニュースに呆れる所ですが・・・
いち音楽ファンとしては彼が残しこれからも素晴らしき遺産になるだろうの各作品を生前とも変わりなく楽しめれば、それはそれでイイと♪思うわけで―。

楽しみましょう!!^^
感動しましょう!!^^

IMG_0003マイケル・ジャクソン20090708

結果、タイムリーになってしまった今回の紙ジャケCD盤は、自分も”OFF THE WALL”(オフ・ザ・ウォール)と”THRILLER”(スリラー)だけはと考えてましたが、結局、当時リアル・タイムに楽しんでいた”BAD”(バッド)も購入してました。

ジャクソンズは個人的にはピン!と来ないもので、今回の紙盤には手を出しませんでした・・。アルバムとしても手持ちには無いので、いずれは購入し聴きたい♪と思っていますが・・。


”オフ・ザ・オール”も”スリラー”のどちらも”2001年デジタル・リマスター”仕様ということで、実のところ売る側も特に力を入れては無かった?!かもですね。
前回の仕様をそのまま紙のジャケ仕様で再発しました!の印象ですので。
当然!?オビよび内装等々にも”追悼”なんて文字もありません。印刷も間に合わなかったのでしょうね。

ところで天に召されてから、CD盤の売れ行きにも世界的にも(もちろん?日本でも)加速が付いてるとか―。

民放はもとよりNHKの全国ニュースでも伝えてましたし、実際、この紙ジャケ盤の発売日の前日(7日)でも予約分でいっぱいで、入荷は来週には出来ると店員さんは仰ってました。
ただ、元が売れると予想のできるモノですし、在庫も仕入れも増やすでしょうから、いずれ店頭に普通に置いてあることになるでしょうけど。
(”ジャクソンズ”の方は無くなったきりで終わりだったり・・)

※自身は”スリラー”はHMV通販で8日に納品され、”オフ・ザ・ウォール”と”バッド”は地元横浜のD・ユニオンさんで午後にゲット出来ました~♪^^

懐かしむも良し!でしょうし、初聴ももちろん!聴き直してまた再発見や”あの頃”と違う感動も湧いてくるかも・・・知れませんよね―。
楽しむ~♪ことが一番の供養(と言って良いのか・・・)になるのかな・・・?



亡くなってから古いCD盤の”HRILLER”(スリラー)を聴いてましたが、音像のクリアーな格段さには驚きました!古いCD盤の音像がいかにコモってたか・・・。
”DANGEROUS”(デンジャラス”は1991年発売のCD盤を手元にありますが、こちらの音像は元々が素晴らしい印象です。→それで今回の紙盤は特に必要性は感じませんでした。。

ある意味、この紙盤の”スリラー”は新鮮な気分で聴けるようです!

ロックなダイナミックスさとR&Bのクールさ、優しく歌いきるバラードに、華麗にホットにダンサブルに~
世界の人々を魅了し実際売れた(売れ続けてる・・)!もやはり伊達ではないようです。


とてつもない作品をオリジナルとして創った張本人が亡くなってしまった事を残念に思います。


♪”THRILLER

スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

80's紙ジャケ・コレクション~SURVIVOR(サバイバー)  

80's紙ジャケ・コレクション”として、
今夏にソニーさんからついに!放たれる紙ジャケ祭りが始まりましたね☆

通販でも数枚、気になる作品を注文をしました。何せ!各種で新リマスターを施している再発盤が殆どなので、自分的にもかなり興味あるんですよ。
正直、すべての作品を聴いてあるいは購入したい位なんですが、それは経済的にも無理(笑)があるので、頑張って選別しないといけません。


今回早速!購入したのが・・・

IMG_0002サバイバー

このSURVIVOR(サバイバー)の2枚です。

映画”ロッキー”シリーズでメイン・タイトル曲の起用でも有名になった、いわば大御所アメリカン・メロディアス・バンドの彼らです。

特に”VITAL SIGNS”(ヴァイタル・サインズ)に収録されてある楽曲を中心に、随分前にレンタル・レコード(CD)時代にカセット・テープにも録って聴いていた音たちなので、個人的にもとにかく懐かしい・・・そんな想いでいっぱいなんです。


VITAL SIGNS/SURVIVOR
(1984年)
1.I Can't Hold Back
2.High on You
3.First Night
4.Search Is Over
5.Broken Promises
6.Popular Girl
7.Everlasting
8.It's The Singer, Not The Song
9.I See You in Everyone

ヴォーカルがデイヴからジミ・ジェイムソンに代わって初となるアルバム。以前から定評のあったジミのヴォーカル力が遺憾なく発揮された作品で、「キャント・ホールド・バック」(全米シングル・チャート13位)、「ハイ・オン・ユー」(同チャート8位)、「ザ・サーチ・イズ・オーヴァー」(同チャート4位)の大ヒット曲を生んだ名盤。アルバム・チャートでも16位を記録。映画『ベスト・キッド』の主題歌として日本で人気の高かった「ザ・モーメント・オブ・トゥルース」を当時の日本盤と同じくボーナス・トラックとして収録。
(メーカー資料から引用)




♪”I Can't Hold Back”(アイ・キャント・ホールド・バック)
じわじわ~と盛り上がって行く気配といい、ハモりの効かせたコーラス、ロックっぽさをより強くしてるギターのパフォーマンス、ポジティブさを印象強くしているかのボーカル力、そもそも全体的に醸し出しているこの極上なメロディアス感!
~たまりませんよ!!(笑)


♪”First Night”(ファースト・ナイト)






こちらの”WHEN SECONDS COUNT”はアルバムで聴くも初めてになるので、新鮮!です。

先の”バイタル・サインズ”もこの”ホエン・セカンズ・カウント”のどちらも(ってかサバイバーの作品はどれも・・・)ジャケのデザインにセンス(要は格好良くない!!)を感じませんが、収録曲の充実度はかなりありますね!

夏らしい爽やかさ、心地の良い熱さがありますね。


WHEN SECONDS COUNT/SURVIVOR
(1986年)
1.How Much Love
2.Keep It Right Here
3.Is This Love
4.Man Against the World
5.Rebel Son
6.Oceans
7.When Seconds Count
8.Backstreet Love Affair
9.In Good Faith
10.Can't Let You Go

1986年リリースの6thアルバム。収録曲の「イズ・ディス・ラヴ」は全米シングル・チャートで9位となる大ヒットを記録。前作に続き、名曲揃いの秀作で、メンバー自らも自信作と語る。スティクスのトミー・ショウらがゲスト参加。(メーカーからの資料より引用)




♪”When Seconds Count”(ホエン・セカンズ・カウント)

当時から”産業ロック”の代名詞的に捉えられてしまいがち!?なんですが、それぞれのアルバム作品を聴けば決して安物ロックではないオリジナリティのある素晴らしさ!にも気付かされる事でしょうね。
サバイバーに限らずですが、今回の”80's紙ジャケ・コレクション”・・・大歓迎~♪ですよ。



※CDジャーナル内にある紹介ページ

※80年代の名盤67枚が紙ジャケ復活(日経ネット内にあるページ)

※80'sサウンド特集!(HMVサイト内にあるページ)

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

サバイバー  :  trackback 1   :  comment 2  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。