My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

HELL FREEZES OVER/EAGLES  

パソコンの方はキーボードの代替もので何とかなりそう~♪

デジカメはただいまDL(故障者リスト)入りへ(苦笑)・・・。
こちらも保障期間がまだ可能だったらしく失費の割引も効くようでとりあえず・・・ラッキー☆
です。


そんなこんなで最近、日射はまだ強く感じてましたが、週末には関東地方に台風が来襲してきました!とりあえず身の回りでは大きな被害もなく、こちらも安堵な想い―。

夏も終わりなのでしょうかね。
これまでの”熱中症”になれ!と言わんばかりの”猛暑”に寝苦しい”熱帯夜”も和らいでくれて、とにかく暑さに弱い自分は大助かり~♪です。



先日のおだやかな夏の終わりの午後に聴いていたのが・・・

この、
HELL FREEZES OVER イーグルス

EAGLES(イーグルス)の”HELL FREEZES OVER”(ヘル・フリーゼズ・オーヴァー) です。

90年代はとかく過去に名声を得たバンド・ミュージシャンらの”再結成ブーム”と呼べそうな気運が高まってた頃だったと思いますが、そんな1994年にはいよいよ真打ち登場!?のイーグルスの(最初の)再結成もありましたね。
つい最近も再結成を行い、同じく新アルバムの制作・発表さらにワールド・ツアーで来日もし好評を得てましたね!

本作品”ヘル・フリーゼズ・オーヴァー”発表時もおよそ14年ぶりとなる”イーグルス”復活ということで、アメリカはもちろん!日本でも話題が挙がってましたね。

スタジオ録音による新曲4曲(1~4)を用意し、残り11曲(5~15)では往年の名曲を当時流行っていたMTVコンサートによるアンプラグドのライヴ・パフォーマンスを収録している!というその当時での今と過去をも味わえた作品でした。
イーグルスの面々が同じステージに立って演奏している事自体、不思議な感覚でもあった様な。。


(1)~(4)の(当時の)新曲ではどれも”あの”イーグルスなんですよね!

往年の有名曲たちもとても洒落てイイ味わい感じますし、夏の終わりに・・・・
な~んて思っていたら、(先ほどの)台風だとか、それよりももっと?”政権交代”だとかで、世間が社会が一際、賑わっている2009年・夏
でした。




HELL FREEZES OVER/EAGLES
(1994年)
1.Get Over It
2.Love Will Keep Us Alive
3.Girl from Yesterday
4.Learn to Be Still
5.Tequila Sunrise
6.Hotel California
7.Wasted Time
8.Pretty Maids All in a Row
9.I Can't Tell You Why
10.New York Minute
11.Last Resort
12.Take It Easy
13.In the City
14.Life in the Fast Lane
15.Desperado


このアルバム、これからの夏~秋にピッタリ!ではないですか??



♪”HOTEL CALIFORNIA” ・・・イントロ導入部にあるスパニッシュなgの味わいがイイ!!


♪”NEW YORK MINUTE”・・・・イーグルスの面々が演奏しよりジャジーに香るこの”ニューヨーク・ミニット”。元はドン・ヘンリーのソロ作品収録曲(アルバム”The End of the Innocence”)なんですが、個人的に本作品の中で特に好曲ですよ―。

スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

イーグルス  :  trackback --  :  comment --  : 

風夢(Hi Quality CD~紙ジャケ仕様)/斉藤由貴 

この2009年が歌手・女優で活躍されている斉藤由貴のデビュー25周年だそうで―。
その”記念盤”として歌手時代の一連の作品群がこの度”紙ジャケ+HQCD”として再発されました。

4thになる”風夢”(1987年発表)とシングル・ヒット曲をまとめた”YUKI’S MUSEUM”(1989年)を購入です。
風夢”は(当時の)歌手活動も充実期だったらしく、ファンを含めた内外でも、かなり評価の高い作品の様です。今回の再発でも前作で”悲しみよこんにちは”等を含むアルバム、”チャイム”(1986年)と同格的に人気もあるでしょうか。


※詳細は・・・・斉藤由貴(ウィキペディア)で。


自身、絶対的なファンでもありませんでしたが、あの柔らかい・・・”ほんわか”な空気感が好きで、当時も今も時折、耳にしたい”邦楽歌手”ものだったりしてます♪

実際、かなり良質な作品(シングル曲以外でも!!)を残していますよね^^


”歌手”斉藤由貴は、その歌表現の巧さだったり、音域の幅やノドの強さ(伸びやかさとか・・・?)だったりではハナっから勝負してません!(苦笑)
心のどこかをくすぐるかの天然で真っ当な純朴さは、当時の同アイドル路線でもかなり珍しい(?)方の部類だったのではないでしょうかね。(斉藤由貴自体どちらかと言えば本業は”女優・俳優”がメインだったかも知れませんけど~)

各アルバム作品・楽曲での音楽的世界観の表現の具現化を発揮させているそのセンスが80’sアイドルものの歌手と言えども抜群に素晴らしいものを感じてました。し、そこに惹かれてしまうのかな?!。



※今回、”HQCD”(ハイ・クオリティ)盤ですが、はじめてのHQCD仕様盤で、音質自体の幅の印象は正直よく分かりません・・・(苦笑)。
無理に強引に高音が強調・発揮されてなくて良かったかなぁ~・・・と個人的には想ってますが―。

過去のCD盤のコモってる音質に比べれば明らかに改良そして良質には感じます・・・。
→安物のCD再生機なので・・・一般のCD盤と比べ、どこまでこの”HQCD”にあるクオリティの表現・再現を出来ているかは分かりません!!(爆)。


ともかく!
斉藤由貴ファンの方ならばまず満足の出来る!!
とても良いと思えるリイシュー企画なのではないでしょうかね。。

あの独特な世界(ワールド)もたまには心地良い♪のですよ。(自分には”懐かしさ”が充分あるんですけどね。)




IMG_0003斉藤由貴

風夢
(1987年)
1.ONE
2.砂の城
3.12月のカレンダー
4.ひまわり
5.Side Seat
6.眠り姫
7.親知らずが痛んだ日
8体育館は踊る
9.街角のスナップ
10.風・夢・天使
11.家族の食卓


♪”眠り姫

今回のこの”風夢”はどうやら発売当時の(アナログ)アルバム収録ものになっているので、CD盤には収録されていた”MAY”と”記憶”の2曲は収録されていません。
→自身はこの”MAY”が収録されていないばっかりに今回ベスト盤を購入した次第なんです。。



IMG_0003斉藤由貴 (1)

YUKI’S MUSEUM
(1989年)
1.夢の中へ
2.青空のかけら
3.「さよなら」
4.初戀
5.悲しみよこんにちは
6.MAY
7.情熱
8.ORACION-祈り-
9.うしろの正面だあれ
10.3年目
11.少女時代
12.白い炎
13.土曜日のタマネギ
14.卒業
15.Where~金色の夜~
16.砂の城
17.LUCKEY DRAGON
18.ふり向けばただの一日 (25th Special track)


♪”砂の城
当時の生放送の歌番組でのパフォーマンスでしょうけど、正直!やっぱり歌の”うまさ”で言ってしまうと厳しく感じてしまうかも・・・ですが、この人にしか出せない世界観が、やっぱり好きなんですよね。。
うまい・ヘタを感じるよりも”個性”があることがきっと大事なんでしょうね!


25周年ですかっ!?
まだまだ色々なドラマ・舞台での演技やタレント活動にも注目したいですね~♪


テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。