My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

THE 5TH DIMENSION (フィフス・ディメンション) 

○”黒いママス&パパス”ことTHE 5TH DIMENSION (フィフス・ディメンション)の諸作品(ライヴ盤含む6枚)が最新リマとボートラ含む仕様で再発!!

IMG_0152フィフス・ディメンション

THE 5TH DIMENSION (フィフス・ディメンション)の各紙ジャケ盤が発売されましたね。
個人的にも待望でした!
(とりあえず・・・)1stになる”UP UP AND AWAY”(ビートでジャンプ)
2ndの”MAGIC GARDEN”(マジック・ガーデン)
4thの”AGE OF AQUARIUS”(輝く星座)
を購入です♪

HMV通販での注文だったのですが、やはり?の人気・注目盤(なのでしょうか。)”マジック・ガーデン”に手こずりましたが、無事に納品されました。


ボク自身、大して彼(彼女)らの音源を知らなかったつもりでもありましたが、よくよく聴けば・・・と言いますか、あの曲、その曲、こんな曲!どれもラジオ等々で耳にしていた印象のある曲ばかり―。


今回のこの紙ジャケ盤(SHM-CDでない普通のCD規格で良かったぁ~!!!)発売は絶好の機会でありました。
ボクのようなかぶれ的なファン(?)はもちろん!ほぼ当時からの馴染みや親しみで聴き入れ込んでいらっしゃった方々にも!また踊り!?ますか?

何せ、2ndの”マジック・ガーデン”以外となるほか5作品は初(日本国内)CD化されたものらしく、さらにどれも”最新”としてのリマスターも施されています。
監修に長門芳郎氏というのもいいじゃないですかっ!?


詳しくはDユニオンのサイトにて。


購入していない作品も気になりますし、購入したいのですがね~・・・。


♪”UP, UP AND AWAY
まさに”黒いママス&パパス”という形容がピッタリ!じゃないですか。
・・にしても爽やかぁ~なコーラスですよね。日曜の午後に合いそう~・・・。
UP UP AND AWAY(ビートでジャンプ)
1967年
1. ビートでジャンプ
2. アナザー・デイ
3. あてどない道
4. わが心のカリフォルニア
5. ミスティ・ローズ
6. 青空を探せ
7. ネヴァー・ゴナ・ビー・ザ・セイム
8. パターン・ピープル
9. ローズクランズ通り
10. ラーン・トゥ・フライ
11. 僕等の街
12. 二人の願い
13. あてどない汽車
14. みじめな僕

MAGIC GARDEN(マジック・ガーデン)
1967年
1. 序奏
2. 不思議な庭(マジック・ガーデン)
3. サマーズ・ドーター
4. 夢と女神と薬
5. カーペットマン
6. 涙の乗車券
7. レクイエム:820番
8. ガールズ・ソング
9. 恋のハプニング
10. オレンジ・エアー
11. ペイパー・カップ
12. 後奏

AGE OF AQUARIUS(輝く星座)
(1968年)
1. 輝く星座~レッド・ザ・シャンシャイン・イン
2. ブローイング・アウェイ
3. スキニー・マン
4. ウェディング・ベル・ブルース
5. 僕の呼ぶ声聞こえるかい
6. ザ・ハイドアウェイ
7. 愛の星座
8. レット・イット・ビー・ミー
9. サンシャイン・ラヴ
10. 天国の風
11. 悲しき天使
12. レッド・ザ・サンシャイン・イン(Reprise)
13. シサ・セ・トルネラ


スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1967年 
未分類  :  trackback 1   :  comment 4  : 

コメント

シブいですね

こんばんは。
フィフスなんてシブいですね~。
私は彼等のバックを務めていたダンヒル・リズムセクション、ジョー・オズボーン(B)、ハル・ブレイン(Ds)が大好きなんです。
もちろん楽曲自体も魅力的ですしね。
こうしたソフトロックはもっと見直されてもいいですよね。
2009.02.28 Sat 19:28 : URL : 240 #9L.cY0cg : 編集 :

よい企画でしたぁ^^

240さま こんばんわ!
コメとTBとありがとうございます。

>私は彼等のバックを務めていたダンヒル・リズムセクション~

とても気になります!!その辺りも確認しつつ聴いてみます~♪
って、まだ聴いていなかったりで・・・

>こうしたソフトロックはもっと見直されてもいいですよね。

ボク的にもどの古い音楽、新しい音楽・・・今はそのどちらも同じ様に楽しめているので、満足もできるのですが、この時代らの音楽の情報は、もっと欲しいところでもありますよね。
今回のこうした復刻は個人的に(とても)ありがたい~♪のです。。

彼らの音楽を(遅くなりましたが・・)こうして認識できるのもある意味ラッキー☆と言ったところでしょうか。
2009.03.02 Mon 20:25 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

こんばんは

これ紙ジャケになっているのですか?
それは驚きました。
私等の年代ですと、’70年に流行った「二人の渚」と言う曲を
思い出しますよ~
黒いママス&パパス・・・ナイスな表現ですね!
2009.03.03 Tue 23:23 : URL : evergreen #lHI8H0U6 : 編集 :

”二人の渚”・・・ですね☆

evergreenさま こんにちわ!
わざわざのお越しありがとうございます。

>私等の年代ですと、’70年に流行った「二人の渚」と言う曲を
思い出しますよ~

!!なるほどぉ~。。
です。
調べて聴いてみます♪
今回のこの紙化で初聴なのですが、とても新鮮です!
2009.03.05 Thu 15:00 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://sihuku36.blog77.fc2.com/tb.php/100-9fb02be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The 5th Dimension 「Up, Up and Away」(1967)

黒いママス&パパス、ジミー・ウェブが堪能できるアルバム この当時の音楽業界は調べれば調べるほど面白いですね。この黒人5人組(男性3人、女性2人)コーラスグループであるフィフス・ディメンション、シングルはよく聴いてましたが、アルバムを通して聴いたのは今回が...
2009.02.28 19:26 : 音楽の杜 :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。