My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

90125(ロンリー・ハート)・・・YES デビュー40周年記念 紙ジャケット(SHM-CD仕様)  

今回の紙盤、”FRAGILE”(こわれもの)が思いのほか良かった印象(と言いますか”満足”!)だったので、その”こわれもの”と音像的にも正反対になるでしょうの全編デジタル・チックに武装(笑)された”90125”(ロンリー・ハート)盤も購入しました。
IMG_000990125ロンリー・ハート
こわれもの”同様の”2009年新リマスター&SHM-CD”仕様です。

収録曲どれもについては、ボク個人的にも今だによく聴くほどのお気に入りばかり(特に”イット・キャン・ハプン”と”シネマ”に”ハーツ”は好きですね~♪)なんですが、今回は新リマスターとは言え特に大きな期待はしてませんでした。
元々、古くからある通常のCD盤でも音質には聴くに耐えないものではなかった印象を持ってますし、前回紙ジャケ盤(2002年発売)のものと比べても、さすがに音質向上の色合いを強く感じますが、作品自体に(当時の先端な)デジタル・チックな様相の印象も強いのか、今回のSHM-CD盤だからと言って特に新たな感動を受けた感は少なかったです・・・。(と言ってもがっかりもしてない。)
※前回の”紙盤”をお持ちの方はそのままでも良い?!・・・のかもですね。

ただこれまた以前発売されていたデジパックのスリップ・ケースによるエキスパンデッド盤を未購入でしたので、それに収録されていた”ボーナス曲”と同様ものが今回も収録されている様なので、個人的にはそちらにこそ興味を持ちました!

(11)”メイク・イット・イージー”(随分前になるベストBOX盤にも収録されてました。)以外、どれも個人的には初聴になるものばかり・・・。
(12)”イット・キャン・ハプン”の”シネマ(ボーカルのジョン・アンダーソンが加入する前のバンドが”シネマ”)ver.や(14)ロンリー・ハートのエキスパンデッド・リミックスは特に興味深かったです。

これらボートラは正直なところ楽曲自体、既発のオマケなのでどれも何てこともありません(笑)が、資料的な味わいとしても取れますし、ファンの方ならば一応は聴いておきたい!ものですよね。
また、(15)”リーヴ・イット”(アカペラver.)はそのままの”アカペラ”モノですが、オフィシャルなCDとしての収録は今回が初めて?みたいですね・・。

今回、40周年の記念という良い機会(リイシュー)だったので、収録曲のこの当時のあらゆるバージョンも聴いてもみたかったですね―。



アナログ時代のジャケを忠実に再現されている様です。が、
ジャケの内装は”アトコ・レーベル”仕様の見開きでない”シングル”モノですし、手元にある前回紙ジャケ盤(2002年)ともさほど変わり映えもしないので、劇的な喜びも薄い分、面白味も感じなかった!です。
※アナログ時代からジャケに関しては、イエスの作品としても元々が”淡白”(笑)デザインなのでしょうね。この”90125”は・・・。
今回の紙ジャケ盤もジャケを楽しむのであるなら70年代イエスの作品群こそに、その本領を発揮されているでしょうね!



本作、イエスというバンドの好き・苦手に関わらずに注目度は高い作品でもありますよね。何せ(1)”ロンリー・ハート”の存在感はやっぱり大きいですもの。
他収録曲にも今のこの時代でも充分通用するかの先進的でモダンな作風とポップな音像で楽しめますし、アルバムとして人気があるのも納得です。


出来る事なら・・・トレヴァー・ラビントレヴァー・ホーンにリマスター権を与えるなり譲るなりで、このアルバムのイニシアティブを執っていた張本人らこそに何かしらを携わって頂きたかった!
・・・かな~?^^



90125(ロンリー・ハート)/YES
(1983年)
1.Owner of a Lonely Heart
2.Hold On
3.It Can Happen
4.Changes
5.Cinema
6.Leave It
7.Our Song
8.City of Love
9.Hearts

10. Leave It (Single Remix Bonus Track)
11. Make It Easy (Bonus Track)
12. It Can Happen (Cinema Version)
13. It's Over (Bonus Track)
14. Owner of a Lonely Heart (Extended Version) (Previously Unreleased Bonus Track)
15. Leave It (A Capella Version Bonus Track)
※10~15はボートラ曲

スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

イエス  :  trackback 2   :  comment 2  : 

コメント

こんにちは~ TBありがとうございました。

前回の紙ジャケを買い逃してしまい、プレ値になかなか手が出なかったんで、
今回の再紙ジャケは純粋に嬉しかったですね。

リマスターに関しても純粋に良い音に感じましたし
(これがはじめてのCD入手なんで比較しておりませんが・・・)、内容も楽しめました。

トレヴァー・ホーン絡みってけっこう好きなアルバム多いんですよね。
バグルスとかアート・オブ・ノイズとか・・・
2009.07.26 Sun 12:11 : URL : shintan #- : 編集 :

shintanさま こんにちわー
TBとコメントとありがとうございます。

>前回の紙ジャケを買い逃してしまい、プレ値に~

先日、地元の”ゆにおん”さんで前回の紙盤が通常の中古値に下がっていたので、自分でもびっくり!しました。
今回のボクは”こわれもの”とこの”90125”だけになりそうです。いずれ中古で少しでも安くなることを願いつつ・・・(苦笑)。

>リマスターに関しても純粋に良い音に感じましたし~

ボク個人的にも満足しています~♪^^
”アワ・ソング”のイントロから鳴り響く、元々、豊かさの感じられたkeyの音がより派手やかさも増したようにも感じられましたし~・・。
今回のリマは今回で好感触になっています。

>バグルスとかアート・オブ・ノイズとか・・・

トレヴァー・ホーン氏も時代に名を残す名プロデューサーですよね!今のJ-POP界の作り手側でも参考にされた方はきっと少なくないのでわ!?と思います。
2009.07.26 Sun 19:05 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://sihuku36.blog77.fc2.com/tb.php/124-ff43fc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イエス 2

NO.00356 イエスのアルバム『ロンリー・ハート』(1983年) 「みなさんは、存知ですか?」 “プログレ病”と言う、恐ろしい病気を。 その症状は、「プログレが、聴きたくて聴きたくてたまらなくなる」病気なのですが、どうやらOZZYも、その病にか...
2009.07.26 09:14 : まい・ふぇいばりっと・あるばむ :

YES / 90125 (紙ジャケ)

昨日は色々と待望なブツがリリースされましたが、僕も紙ジャケを中心に10枚以上をく購入。 このまとめ買い以降は、8/末から9/中の山場まであまりCDは購入できそうにないんで、いすれ記事更新も激減しそうですが、とりあえずは買ったものを順次ご紹介です。 で、昨日...
2009.07.26 12:03 : 3度のメシよりCD :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。