My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

TOTOⅣ(聖なる剣)/TOTO(トト) 

310x5JgJUXL111聖なる剣
クリスマスといえば”赤鼻”のトナカイさんですからね~
単純すぎるほどの”赤”繋がりで・・・(爆)
タイトルにも”聖なる・・・”なんてありますし~

TOTOⅣ(聖なる剣)です。

今年は各社から”SHM-CD”盤(個人的には事実上の”値上げ”しか思えないけど・・)がリリースされているのですが、このTOTOの音源を持っているCBSソニー(現、SMEJ)さんからも”Blu-specCD”なる盤仕様にて各種作品が出るそうなんですよね!
本作”聖なる剣”もその新しいカタログとしてまた再発もされるそうで=
安物のラジカセならぬラジ・CD機で、そのブルーレイ系をどこまで楽しめるのか???やっぱりその”SHM-CD”もそうなのでしょうが、ある程度の高額・高級タイプのアンプやスピーカーを装備の前提をしていないと(完全なる)追求も難しい?・・・のでしょうか!?

とりあえず、
”SHM-CD”と比べ約300円分は安いその”Blu-specCD”盤も、
一応気になるところなのです―。


で、TOTO(トト)の代表作でもあるこの”聖なる剣”ですが、そのある程度の音質でこそ聴いて楽しんでみたい!と思わせてくれる内容のあるアルバムでもありますよね。
(1)”ロザーナ”での高技巧なドラムス、間奏のシンセやギター・ソロをまずは・・(3)”ホールド・ユー・バック”のああいう優しい空気感漂うバラードはどう再現されているのかを・・・(7)”ラヴァーズ・イン・ザ・ナイト”にあるハード・ロックなメリハリの高低音の再現度は?・・・、総合面でも銘音そしてエスニック感の強い(10)”アフリカ”も聴き直してみたい!ところ。。

IMG_0117せいなるつるぎ

デビュー作””にあるフレッシュながらも高技巧で隙を感じさせない好アレンジを・・
ハイドラ”で感じる事のできる、ジャズ的、プログレ的要素をも踏襲しつつ、
ターン・バック”での各楽器のメリハリさを強調から特にギターを前面に配置させたハードにドラヴィングするロックも体現させつつ、
この””では、そのどれもを一つにまとめさせた感のある”ミックス・ジュース”の美味しいトコの瞬間搾り取り!をまたさらに推し進めた様なこの上のない贅沢な味と肌触り耳触りの感触・・・。むむむ、”満足”なのデス。

制作にも時間を掛ければ良いって訳でも無いのでしょうが、ここで感じる音像は、その時間を掛けた分に緻密さも濃くなって、でも聴き易いフィールドで収まっている!のには感動もあります。
高度なアイデアを具現化出来る!その”縦横無尽”にも拡がりを魅せる各人の才能やセンスは、やはり!素晴らしい~♪と(当時の)主要”グラミー賞”独占も納得・・・です。


まぁ・・・最初の”クリスマスだから”は、ただの”こじ付け”なのですが、ただ本作はハード、バラード、ポップ、インスト面、シンセの煌びやかさ、都会的AORにある大人的なサウンド・アレンジ、分かり易い歌モノとしても・・・多面性も充分楽しめますし~
丁度、今どきのパーティーな場面でも、しんみり語るときにでも・・・
時や場所を選ばずに、お供に合うのではないでしょうか?!☆

そんなワタクシは一人で聴いています♪・・・けどね☆(苦笑)



♪”LOVERS IN THE NIGHT”(ラヴァーズ・イン・ザ・ナイト)
・・・(映像途中に出てくる)”ポパイ”を休ませる(笑)ほど?!の熱いアンサブルと!ハード&ドラヴィングなライヴ演奏が楽しめる・・・♪”ラヴァーズ~・・”です。
武道館公演の映像とはこれまたっ!!感激に思えました。




TOTOⅣ/TOTO
1982年
1.Rosanna
2.Make Believe
3.I Won't Hold You Back
4.Good for You
5.It's a Feeling
6.Afraid of Love
7.Lovers in the Night
8.We Made It
9.Waiting for Your Love
10.Africa

スティーヴ・ルカサー(g,vo)
ジェフ・ポーカロ(ds,per)
デヴィッド・ペイチ(key,vo)
スティーヴ・ポーカロ(key,vo)
デヴィッド・ハンゲイト(b)
ボビー・キンボール(vo)
(ゲスト)
ティモシー・シュミット
トム・スコット
ジェリー・ヘイ
ジェームス・ニュートン・ハワード
他・・・
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1982年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

こんにちは♪

sihukuさん、こんにちは^^
ソニーからこんなものがリリースされるんですね。
わたしは何年か前に紙ジャケットでリリースされたのを全部買って、
それのリマスターも聴いてすぐに判るほど音質が向上していましたが、
こちらは一体どんな凄い音が聴こえてくるんでしょう^^;
それはさておき、これ死ぬほど聴いてきた、
好きという言葉ではすまないアルバムです。
レコードに針を落として"Rosanna"のイントロが流れてきた瞬間の感動は今も忘れられません。
"Lovers In The Night"はほんとに盛り上がりますよね^^
この映像、ブートで持っています(笑)
ジェフ、曲が終わったらすぐ立ち上がるんですよね。
「やったった!」みたいな感じで(笑)
久し振りに観たくなりました^^♪
2008.12.21 Sun 11:49 : URL : こでまり #- : 編集 :

トトカッコイイ

こでまりさま こんばんわ!

>何年か前に紙ジャケットでリリースされたのを全部買って~

!ボクも同じモノを同じく全部購入しました。あまり”全買い”はしない方だと思ってましたが、TOTOのは全部買ってましたぁー
今回、また改めてⅣを聴いたのですが、やっぱりリマスターの威力は絶大!?でしたね♪今度でる新しいフォーマットのも聴いてみたいのですが~

>~Rosanna"のイントロが流れてきた瞬間の感動は今も忘れられません。

あのイントロは最初、普通程度(なんじゃそれ?ですが・・・苦笑w)の感動だったものが、ジェフ・ポーカロの教則ビデオ(友達に見せてもらいって~)を確認してから、エラク!!感動し直しましたぁ=
ある意味、あのドラムスから入るのが、ポーカロさんのドラマーとしてのプライド?だったりと思ったりと。。

やっぱりボクはこの"Lovers In The Night"ばかりをリフレインしています♪v-410大スキなのです。

コメントありがとうございます。
2008.12.22 Mon 00:01 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://sihuku36.blog77.fc2.com/tb.php/48-93c604ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。