My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

TIME(タイム)/ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA(エレクトリック・ライト・オーケストラ) 

「宇宙・・・解き明かすのはあなた」(The Universe: Yours to Discover)。

今年(2009年)は、”皆既日食”や流星群等の天体”イベント”ショーも観られるそうですね☆
今度のスペース・シャトルでの邦人乗組員も決まったそうで・・・。
どうやらアメリカでは昨年で”地球は静止”してしまった!?らしい(映画は観ていないので内容は分かりません。)ですが・・・きっとまたしても”全米も泣かれている”のでしょうか!?(苦笑)
新任の大統領もいよいよ!!だと言うときに大変ですね~。。

もうすぐ、ザ・ムーンという”月”(アポロ計画・・)を題材にされた映画もありますよね。。※これまで秘蔵にされていた月面でのフィルムもあるそうですょ!楽しみ♪ですね=
韮澤サンと大槻教授のいる?いない?論争(爆)は限りなく続く様ですが・・・(それは”宇宙人”でしたぁ)

そんなこんなで??って訳でもありませんが、今年は・・・”世界天文年2009”なんだそうです!

ボク的にも”空”を眺めるのは大好き人間なので、何か?今からわくわくします~♪


だったら”ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA”(エレクトリック・ライト・オーケストラ)でしょう。。
848ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
・・・もうジャケからして”宇宙”ですょ☆

無限の時間”をテーマにというコンセプトから、当時の先端コンピューターを限りなく効果的に駆使して激しく音像も展開する、壮大なポップ・スペース・ファンタジー!
と言ったところでしょうか。
また(2)”TWILIGHT”(トワイライト)は・・・ご存知”あの”ドラマ・テーマ曲に使用されたことでも有名でしょうし。


1976年発表の”オーロラの救世主”から’77年の”アウト・オブ・ブルー”、さらに’79年に”ディスカバリー”、そして本作の”TIME”(タイム)辺り(人によっては次作の”シークレット・メッセージ”も?)までのELO・・・と言いますか、ジェフ・リンの創作意欲とそれを具現化させたセンスは凄まじいものがありますよね。
※途中の”ザナドゥ”(映画のサントラ)も含めて―。
多分に時代性をも引っ張っていた、ある意味”仕掛け人”的な印象もありますね。このジェフ・リンさんは・・・・。


ディスカバリー辺りまでは、”オーケストラ”と名乗れるほどに大所帯バンドだったと思いますが、本作では、最小の4名が”ジェフ・リン”号にご搭乗です。
ストリングス隊が解体され、その当時先端を行っていたシンセ群を駆使して、コンパクトに明るく煌びやかに、弾けるポップ!な音像がこのアルバム全体を覆いつくしています。

正直、聴いていてあまりの派手目なサウンドに疲れも・・・感じたりで、途中”小休止”を挟みつつなんです(・・いつも~)。飽きたりしてもまたいずれ聴きたいッ♪と想わせる、ジェフ・リンの柔術!?催眠??にしてやられるのです。。




♪”PROLOGUE~TWILIGHT”(プロローグからトワイライト)静止画。
この”プロローグ”から間髪入れずにの”トワイライト”の流れは、(いつ聴いても)しびれます☆

ちなみに・・”アジアの純真”(パフィー)や パフュームご一行様方がお使いで有名なヴォコーダーは、こちらでも大活躍しています!スター・ウォーズのR2-D2みたいな(加工)声になっておりますが。。


TIME/ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
1981年
1.Prologue
2.Twilight
3.Yours truly, 2095
4.Ticket to the moon
5.The way life's meant to be
6.Another heart breaks
7.Rain is falling
8.From the end of the world
9.The lights go down
10.Here is the news
11.21st century man
12.Hold on tight
13.Epilogue

IMG_0121.jpg
ジェフ・リン(vo,ele-g,aco-g,p,synth)
リャード・タンディ(p,ele-p,synth,g)
ベヴ・ベヴァン(ds、perc)
ケリー・グロウカット(b,vo)
スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1981年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://sihuku36.blog77.fc2.com/tb.php/65-2597937a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。