My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

ON TOUR WITH ERIC CLAPTON(オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン)/DELANEY & BONNIE &FRIENDS(”デラニー&ボニー”&フレンズ)  

エリック・クラプトンが2月12日~28日(大阪、東京)まで、ジェフ・ベックが同じく6日~19日(東京、横浜、名古屋、大阪他・・)にあって、その後の21~22日に二人による同じステージ上で同じパフォーマンスを堪能できるとか!
個人的には、今回の二人の公演の観戦予定はありませんが、それでもやっぱり気になる!!ところです!
いずれ書店で見掛けることにもなるロック系雑誌・書籍関連でチェックしたいところです―。


※全然、ちなみにですが、去る7日(土)に発売された山下達朗氏のライヴでの個人的な地元神奈川”県民ホール”公演のチケ獲得を大希望していたのですが・・。
あっという間に無くなっておりました!
・・・またしても手にすることが出来ず(残念&号泣”)。
当日券って出ないのかしら・・・??


そんなガッカリ気分の中で元気を頂くのに聴いたのが・・・
丁度、そのクラプトンも来日されることですし~

IMG_0132デラニー&ボニー
ON TOUR WITH ERIC CLAPTON”(オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン)です。

DELANEY & BONNIE &FRIENDS(デラニー&ボニー&フレンズ)デラニー&ボニーはご存知”夫婦”なのですが、”&フレンズ”の連中はといえば・・・

デラニー・ブラムレット(rhythm-g,vo)
ボニー・ブラムレット(vo)
エリック・クラプトン(lead-g)
デイヴ・メイソン(g)
カール・レイドル(b)
ジム・ゴードン(ds)
ボビー・ウィットロック(org,vo)
ジム・プライス(trumpet,trombone)
ボビー・キーズ(saxophone)
テックス・ジョンソン(conga,bongo,ds)
リタ・クーリッジ(vo)
ジョージ・ハリスン(g)(公式的には無明記ながらライヴ・ステージまたはフレンズとして参加は明らかの模様・・・。)

この参加メンバーの名を観ただけでも夢のような豪華さがあり、圧巻でもありますね。


○デラニー&ボニー&フレンズと、参加したアーティストたちの活躍を楽しめる作品たち・・・・(とりあえず有名作を中心に・・・)
=1968年=
HOME”(ホーム)
※デビュー作のつもりで制作されたが、レコード会社の都合により直前に発表が見送らされた作品。
=1969年=
ACCEPT NO SUBSTITUTE”(オリジナル・デラニー&ボニー)
※事実上のデビュー作。
BLIND FAITH”(スーパー・ジャイアンツ)
※クラプトンがクリーム解散後にスティーヴ・ウィンウッドとのセッションにジンジャー・ベイカー、リック・グレッチが参加する形で興された(スーパー)バンドによる作品。
=1970年=
ON TOUR WITH ERIC CLAPTON”(オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン)
”ERIC CLAPTON”(エリック・クラプトン・ソロ)
※デラニーがプロデュースしそのデラニーの奨めでヴォーカル性もより重視されたクラプトン初のソロ名義作。
TO BONNIE FROM DELANEY”(デラニーよりボニーへ)
※”オン・ツアー”のバック・メンバーが抜けた後に名手デュアン・オールマン等らが参加しよりスワンプ色強い仕上がりを魅せた作品。
LAYLA AND OTHER ASSORTED LOVE SONGS”(いとしのレイラ)
※クラプトンがそれまでの”&フレンズ”としてデラニー&ボニーに参加していたボビー・ウィットロック、カール・レイドル、ジム・ゴードンと組みデレク&ザ・ドミノスとして発表した作品。
ALL THINGS MUST PASS”(オール・シングス・マスト・パス)
※ビートルズ解散後にジョージがすかさず発表した作品。ドミノスの面々にデイヴ・メイソンといった”フレンズ”でも活躍していた演奏陣も参加したり書ききれないほどの豪華メンが参加。
LEON RUSSELL”(リオン・ラッセル)
※スワンプ・ロックの時代を象徴するレーベル”シェルター”から発表されたスワンプ界”裏ボス”リオン・ラッセル(またはレオン)の1st。フレンズで活躍していたメンツ含め演奏陣はこれまた超豪華!
=1971年=
MOTEL SHOT”(モーテル・ショット)
※スワンプ・ロック系のサウンドをさらに追求し続けた”デラニー&ボニー”の離婚前に発表された作品。
MINNOWS”(雑魚)
※ 60年代末頃にリオン・ラッセルとアサイラム・クワイアーなるデュオで活動していたシンガー・ソングライター、マーク・ベノが発表した2nd。”オン・ツアー”参加の&フレンズのミュージシャンがわきを固めている。
=1972年=
デラニーとボニーが離婚されました。~ロック・デュオとしての活動にもピリオドとなり、お互いソロ作中心の活動へ。
=1973年=
SOMETHING’S COMING”(サムシングズ・カミング)
※デラニー・ブラムレットのソロ
SWEET BONNIE BLAMLETT”(スウィート・ボニー・ブラムレット)
※ボニーのソロ





この”ON TOUR WITH ERIC CLAPTON”オン・ステージ”は、ブラインド・フェイス参加以前からブルース志向の高かったクラプトンが、アメリカ人夫婦デュオ”デラニー&ボニー”の存在を知り、その夫婦デュオが志向とし具現化させていたスワンプとなるアメリカ南部のブルース・ロック・サウンドに強い影響を受けたのが事のはじまり。

ブラインド・フェイスがUSツアー中にステージの前座として活動していたのが、そのデラニー&ボニーで、その”新たな”音楽性に魅了されたクラプトンがツアー終了後、そのままデラニー&ボニーのサイドマン(リード・ギタリストながらも一歩退きあくまでメインはデラボニとしている。)としてバンドに参加。そのせいもあってブラインド・フェイスはあっけなく消滅・解散に。

1969年12月、ロンドンで行われた公演(ツアー最終日らしい・・・)の模様を収録しているのが本作ですが、ソウルフルに熱くシャウトし歌唱するデラニー&ボニーとしてのそれぞれのヴォーカリストな存在感、さらにフレンズとして参加している豪華な面々が魅せ猛烈なエネルギー放出も感じる個性さと、それぞれで華がありながらの豪快なパフォーマンスと、バンドしての演奏アンサンブルは聴き所!ですし、素晴らしいと思います。

”白人の演る黒っぽさ”はこういう事なの?との印象も持てる、音楽観がステージ上で繰り広げられているのですが、
特に(4)、(6)、(7)は・・・
って正直、全曲聴き入ってしまうのですが~・・・
まさにどの曲でもライヴとしての(生な)醍醐味もあります。映像でも観てみたいですよね!

一瞬、”スライ&ザ・ファミリーストーン”かと思ってしまうほどに激しくソウルに進行する(4)に関して言えば、ドリフ(”8時だよ全員集合”)のコントが大爆笑で決まってから、一気にゲストの歌のコーナーへと雪崩れ込むかのセット・チェンジを行うときにある”あの忙し感”(!?)と言いますか、そんなハラドキな興奮をも感じましたね。。

本作を聴いた後は、とても元気を貰えるのです♪


IMG_0132オンツアー
・・・・御一行様

クラプトンにとってはこのデラニー&ボニー(&フレンズ)に参加したことが、アメリカ南部音楽(その”スワンプ”・ロック)のエッセンスをも吸収し自己消化もして独自のスタイルを確立させて行って魅せたということで、この後に彼が主となって興す”デレク・アンド・ザ・ドミノス”でもそのスタイルは継がれていますよね。
個人的にはですが、この頃(60年代末~70年代はじめ)のクラプトンが好きだったかなぁ~....と思います。その時代時代で素晴らしい作品を残してきていますし、他の作品が”嫌だっ!”事は滅相もありませんけど―。



ON TOUR WITH ERIC CLAPTON/DELANEY & BONNIE &FRIENDS
(1970年)※録音’69年
1.Things Get Better
2.Poor Elijah - Tribute to Johnson(Medley) a)Poor Elijah b)Tribute
3.Only You Know and I Know
4.I Don't Want to Discuss It
5.That's What My Man Is For
6.Where There's a Will,There's a Way
7.Coming Home
8.Little Richard Medley:a)Tutti-Frutti b)The Girl Can't Help It c)Long Tall Sally d)Jenny Jenny



♪”POOR ELIJAH


♪”COMING HOME

○デラニー・ブラムレット氏死去 米ロック歌手
61oz1デラニー&ボニー
 デラニー・ブラムレット氏(米ロック歌手、音楽プロデューサー)AP通信によると、27日、胆のう手術に伴う合併症のため米ロサンゼルスの病院で死去、69歳。妻が明らかにした。
 米南部ミシシッピ州生まれ。60年代後半から70年代前半にかけ、当時の妻とのデュオ「デラニー&ボニー」として活動、米南部の音楽を色濃く感じさせるロックが人気を呼び、エリック・クラプトンら多くのミュージシャンに影響を与えた。(ロサンゼルス共同/西日本新聞サイト)

※ボクはこのニュースを全然知りませんでした。
これまでの作品をゆっくり聴いて、謹んでご冥福を・・・お祈りします・・・。


スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1970年 

コメント

No title

sihukuさんこんにちは!
TBありがとうございました。
記事であげられているデラボニ関連の諸作はどれも素晴らしいものばかりですよね~
それにしても、このライブ盤は凄い面子ですよね。内容もど迫力溢れる感じだし、まさに名盤。
2009.02.10 Tue 12:17 : URL : shintan #- : 編集 :

No title

こんばんは。
以前私のブログにコメントを頂いた作品ですね(TBさせて頂きました)。
この熱い演奏を聴くと、エリック・クラプトンやジョージ・ハリスン等が彼等に憧れた理由がよくわかります。
名盤ですね。
2009.02.11 Wed 21:33 : URL : 240 #9L.cY0cg : 編集 :

No title

shintanさま おはようございます。
TBとコメントとありがとうございます。

>デラボニ関連の諸作~

は自分でもどこか漠然と聴いている所があったので、有名盤だけでも簡単にまとめてみたのですが・・・
その繋がりの面白味?凄味?みたいなものを改めて感じました。

この辺りの人脈も面白いですね~♪
2009.02.12 Thu 05:37 : URL : sihuku #hlT1HbPo : 編集 :

No title

240さま おはようございます。

コメントとありがとうございます。 TBもせっかく頂きながら(ありがとうございます!)、お返しのTBはどうも出来ず・・・です。スミマセン。

>エリック・クラプトンやジョージ・ハリスン等が彼等に憧れた理由がよくわかります。

仰る通りで納得させられますよね!それまでの超有名ミュージシャンたちとのある意味、相乗効果もあったり、そのミュージシャン以上のパフォーマンスをも魅せてくれたり・・・。
とんでもない!?夫婦デュオだったのですね~。。
2009.02.12 Thu 05:46 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

はじめまして

今、聴き直してみると、かなりゴスペルの要素も強いですね

クラプトンが歌いたくなったのも分かるような気がしますね

またお邪魔します
2009.08.02 Sun 03:30 : URL : col #dQJ7mEzU : 編集 :

colさま はじめまして!こんにちわ。

わざわざのご訪問・コメとありがとうございます♪
この夫婦の黒っぽさやそのゴスペル的な歌いっぷりに、ボクも結構ハマってしまいました。(詳しくはありませんが・・・。)

当時のクラプトン自身も相当!?に音楽的な興奮・衝撃があって、心も揺さ振られたのでしょうね。
熱さがこの音源からも伝わってきますもの~^^
2009.08.03 Mon 17:50 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://sihuku36.blog77.fc2.com/tb.php/84-0fcfa26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DELANEY & BONNIE & FRIENDS / ON TOUR WITH ERIC C...

アメリカの夫婦ソウルデュオのエレクトラ移籍後の2枚目(通算3枚目でファーストはSTAXよりリリースされてます)。69年12月のロンドンでのステージを収録した、迫力のライブアルバムで、個人的に彼らの最高傑作だと思いますし、全スワンプロックのアルバムの中でもかなり上...
2009.02.10 12:11 : 3度のメシよりCD :

Delaney&Bonnie&Friends 「On Tour With Eric Clapton」

スワンプロックの中心的存在であるデラニー&ボニー。今から考えると彼等の周りにはスゴイ面子が集まっていたんですね。エリック・クラプトン、デイヴ・メイスン、ジム・ゴードン、リオン・ラッセル、ジム・ケルトナー、ジョージ・ハリスン、カール・レイドル等。 そん?...
2009.02.11 21:32 : 音楽の杜 :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。