My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

レコード・コレクターズ 2009年 03月号 

IMG_0131レココレクラプトンベック

レコード・コレクターズの最新刊号が発売されていたので購入しました。

今号の特集は・・・”ERIC CLAPTON vs JEFF BECK”(共演ライヴを記念して二人の名曲をランキング!)

と、まさにタイムリーな企画ですね。

これまでにも各年代ベスト100やビートルズ関連の企画にあったのと同じようなランキング形式(レココレ誌執筆陣へのアンケート)で、曲単位で順位が付いてありますが、E・クラプトンとJ・ベックのこれまでの楽曲もそれぞれ紹介(1~50位として・・)されているので、なかなか読み応えもあるかと思います。
そのランキング(順位)自体には、特に拘る必要もありませんし・・。

個人的にはそのランキングによる順位のポジションはどうでもよく、楽曲、楽曲でその聴き所のようなポイントをそれぞれで語られているので、それはそれで参考にもタメにも再発見にもなりますので、このランキング(特集)企画時は注目しつつ購入しています。



他には・・・

いつものお馴染みの
レコード・コレクター紳士録”のコーナーでは、浦沢直樹さん(漫画家)が登場されていますね。
これまたすっごい!!コレクターぶり・・・



さらに他に、いつもより厚みがあるかなぁ~・・と思っていたら、
このレココレ誌の2008年1~12月号までに”リイシュー・アルバム・ガイド”等で記載されてきた、”アルバムの総索引”ページもあったり・・。
(特集)記事一覧ページも同じくあったりで、
昨年(’08年)のレココレ誌の特集記事をまた確認・再認識も出来ますね=

IMG_0134レココレ
クラプトンの楽曲1~50位、ベックの楽曲1~50位とそれぞれありますが・・・
中味はご覧になってからのお楽しみ~♪
と言うことで―。

スポンサーサイト

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

コメント

No title

レココレにしては、随分ベタな特集ですね(笑) それでもベスト50の上位は気になりますね~。クラプトンはなんとなく予想できるのですが、ベックは果たして…?
紳士録に20世紀少年ですか!漫画家になる前はバンドやってたそうですね。 随分前の号ですが、俳優の佐野史郎さんも紳士録に登場していて、彼もかなりのコレクターでした。
2009.02.13 Fri 00:58 : URL : いたち野郎 #ZpAXj7wg : 編集 :

No title

いたち野郎さま こんばんわ!

>随分ベタな特集ですね(笑)

今が旬!ですからでしょうかね☆
・・・でもベタな企画。またランキング形式ですし~
でもでもクラプトンとベックの!と言うことで発売を待ってもいたんですょv-411

>漫画家になる前はバンドやってたそうですね。

以前、ラジオでバンドの音を聴きましたが、”遊び”じゃなくって本気なんですよね!?その時にロックにも詳しいお話をされていたので、今回のその”紳士録”のコーナー登場も納得でしたぁ。

>佐野史郎さんも紳士録に登場していて~

正直、あまり見ないコーナーなんで(爆)、佐野氏が出ていても飛ばしていたかも~w
その佐野氏も以前、憲武(とんねるず)の番組でゲスト出演されていた時、”(ロック)ギターの歪み”を熱く語られていましたよ=
しかもギター弾きが巧かった!^^

コメントありがとうございます。
2009.02.13 Fri 20:30 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

困った時のランキング

こんばんは

レココレの恒例企画も今回はタイムリー(?)な感じで結構面白かったです。

こうやって曲単位でアーティストを捉えるのも、自分がどのくらいの距離感でフレーズやら歌詞に接してきたかを再確認するいい機会ではないかなと。
2009.02.17 Tue 00:58 : URL : どうぷ #- : 編集 :

表紙も好きだったりします・・

どうぷさま こんばんわ!
TBとコメントとありがとうございます。

>自分がどのくらいの距離感でフレーズやら歌詞に接してきたかを~

個人的にもとてもよい機会でした!
ここ(レココレ)で書かれていたのを参考にしつつ、また聴き直したり・・・
です。
先日、J・ベックの”ゼア・アンド・バック”を購入してしまったり~♪もろにハメられています。v-410
2009.02.17 Tue 22:48 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

面白かったですね

大阪は、今週JBウィーク+ロニスコで、今日久しぶりに本屋に行って、この特集見ました。書き手の世代が近いこともあってか、順位は参考とはいえ、うなずきながら楽しめました。
ECはクリーム、デレクは殆ど、一方、最近の曲が入っていないとかも対JBという特集だからかな。
(チェンジザワールドは大好きですがそういう趣旨から・・?JBではスターサイクルが無い以外違和感無い感じ。もっとも分母となる曲数が少ないわけだからカバー率が高い・・)
中で松井巧さんがJB1位にhighwaysをあげていたのはうれしかったです

なんかみんな意外なほどJBひいきなのにもびっくりしました。
2009.02.21 Sat 23:01 : URL : べふ #q7XswXQk : 編集 :

はじめまして!

べふさま こんばんわ!
わざわざのお越しとコメントとありがとうございます。

レココレ誌の”ランキング特集”ですが、これまでなら読み手の賛否を誘うところもあるのでしょうが、今回のはボク個人的にも充分に参考になりましたし、同じく楽しめましたよね~♪

>なんかみんな意外なほどJBひいきなのにもびっくりしました。

クラプトンはやってきた事に幅が広すぎるのでしょうかね?!その分、、観点がそれぞれでズレと言いますか、ファンの中での気持ちもたくさんあるのでしょうか。
J・ベックはギターという楽器を求道している印象が強いのもありますし、クラプトンはまた違う世界観を持っていらっしゃる様で・・・。
J・ベックはこれまでのアルバム作品や楽曲、ライヴを通じて”ギター”という器をどう操って、どうパフォーマンスしてくれるかにファンも集中できる?のかもですね。。

ボク個人的には、
そのJ・ベックのアルバムで、”ブロウ・バイ・ブロウ”と”ワイアード”のどちらか好きか?と聞かれても、答えはでませんよ~
2009.02.22 Sun 22:59 : URL : sihuku #nLnvUwLc : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://sihuku36.blog77.fc2.com/tb.php/88-73467e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対決になっているか?

タイムリーというか何というか、今月号のレココレはクラプトンとベックの曲をそれぞれ...
2009.02.17 00:41 : どうぷのHarf Time Shuffleな日々 :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。