My ”a La Mode” Music

自分が日々好きで聴いている音楽(ロックやジャズ等々)盤の紹介や感想に備忘録を勝手気ままに綴っています。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

月別アーカイブ

最近の記事/コメント

プロフィール

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

全記事(数)表示

ブログ内検索

RSSリンクの表示

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

L' ISOLA DI NIENTE(甦る世界)/PFM(プレミアータ・フォルネリーア・マルコーニ) 

IMG_0140.jpg
PFM(プレミアータ・フォルネリーア・マルコーニ)です。イタリアを代表するプログレッシヴ・ロック・バンドです。。
イタリア人が母国の伊語歌詞で唄うのはもちろん!なのですが、その可能性を信じ、世界(特にアメリカ)へマーケット標準を定めるための言わば世界デビュー盤は、”幻の映像”(”Photos Of Ghosts”)でした。

その”幻の映像”はキング・クリムゾンの詞世界を創り描いていたピート・シンフィールド氏が英詞を担当していたり、エマーソン・レイク&パーマーが設立したことでも有名なレーベル”マンティコア”からのリリースということで、ここ日本でも話題性があったそうなんですよね。
世界デビュー盤ということですが、実際バンドは本国イタリアではすでに1st”幻想物語”(”Storia Di Un Minuto”)、2nd”友よ”(”Per Un Amico”)もリリースされていました。
※”幻の映像”はその2nd”友よ”の英語吹き替え編集盤・・・ということにもなるのですが・・。


1972(年)幻想物語(Storia di un Minuto)
1972 友よ(Per Un Amico)
1973 幻の映像(Photos of Ghosts)
1974 甦る世界(イタリア語盤) (L'Isola di Niente)
1974 甦る世界(英語盤) (The World Became the World)
1974 クック=ライヴ・レコーディング(Live in USA)


そして本作の”甦る世界”(”L' ISOLA DI NIENTE”)なんですが~
バンドを世界標準にするべく!?これまた”THE WORLD BECAME THE WORLDという英語詞で唄われているアルバムもあります。
今回のこの写真にある緑色のジャケのは、イタリア語で歌われているバージョン!なので、タイトルもイタリア語・・・。
自身、イタリアと言うとカルチョのサッカー(セリエA)か?フェラーリ・・・ほどの印象でしか・・・なので、まるでよく理解も出来ていないのですが、まさに!!”音楽は国境を越えてくるもの”なのでしょうね☆
イタリア語での音楽パフォーマンスですが、普段、英語詞ばかりの作品を耳にしている割には、その違和感にもスグに慣れてしまいましたね~♪

また、聞き捨ての出来ない!!のが、そのバンド名・・・。この”プレミアータ・フォルネリーア・マルコーニ”というのもどうやらメンバーの音楽的な中心人物の一人でもあるマウロ・パガーニ氏の出身地!?の北イタリアのブレーシアという街のパン屋さんの名前(?)・・・確か店名だったと思いますが・・・そこから持ってきた!と聞いたことがあっるんですね~
イタリア発のパンだと・・・正直、自分好みなパンは無いのですが・・・仏や独は好きなんですが。。
パン屋さんの名前から取ってきたなんて!それだけで好印象~♪ですょ。



収録内容も正直なところ自分好みが炸裂しているんです!

マンティコア・レーベル(EL&P)だから!と言った具合も特になく、どちらかと言えば・・・ピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアやキング・クリムゾンのロバート・フリップが得意としている様な、空間的に響きのあるギターや、それに絡みつつもバックアップするかの各キーボード系に、やっぱりマウロ・パガーニのフルート、ヴァイオリン、ピッコロはさり気なくも効果絶大感たっぷりで、彼の存在は個人的にも大きい印象なのです。

音に嫌味が無い!と言いますか・・とてもお上品さを感じるんですよね。全体的に・・。
どの曲も演奏技術は素晴らしく感動もので、この当時の彼らが20歳台前半(だったらしい・・)も考慮すれば、それはとんでもなく!す、すごい。。(一言です。)
テクニカルだけど、その技術志向主義では無い!と言いますか、楽曲の音(色)やその空間にある広がりや密度をとても大事にしているかの印象を受けます。
本作に限ったことでも無くって、そのマウロ・パガーニ参加アルバムはどれも聴き入ってしまいますね―。

 本作のバンド・メンバーは・・・・
フランコ・ムッシーダ(vo,g)
フランツ・ディ・チョッチョ(ds、perc,vo)
パトリック・ジヴァス(b,vo)
マウロ・パガーニ(violin,flute,vo)
フラヴィオ・プレモーリ(key,vo)

※詳しいバンド・メンバーの経緯や歴史等々は日本盤解説にもありますが、ストレンジ・デイズ誌の2006年8月(NO.83)号でも詳しく解説されていますね。。
ご興味ある方はそちらを是非ご一読をオススメしま~す。


アメリカ人のアイデアやセンスでは絶対!?にやらないだろうなぁ・・・の”欧州色”抜群で合唱隊のコーラスで始まる(1)はいかにもイタリア~ノ♪
そのコーラスから鮮烈的なギターのリフやドラム・リズムはいかにも!ヨーロピアンなプログレ臭~♪(オープニングから緊張感漂う空気に圧倒される。)で、まずとにかく引き込まれますね。。


個人的には(4)の終わりの余韻を感じながら、そのまま挿入されていくインスト曲の(5)はハマリますね―。

♪”VIA LUMIERE”(ルミエール通り”望むものすべては得られない”)
終盤へ掛けて段々と盛り上がり、そして静寂へと流れ魅せる演出にいつも耳を奪われてます!


プログレ紹介本等々にもありますが、このPFMから欧州プログレ・ワールドへ身を委ねてしまうのも・・・・(って自分自身、この後はあまり進んでいませんが・・)
きっと欧州プログレ・ファンの入り口として、そしてそんな音楽ファンの何かのキッカケとしても、彼らは大活躍されてきましたし・・もちろん!今も”現役”だそうで~(それも)す、すごい!!



L' ISOLA DI NIENTE/PFM
1974年
1.Isola Di Niente(幻の島”マウンテン”)
2.Is My Face on Straight(困惑)
3.Luna Nuova(新月”原始への回帰”)
4.Dolcissima Maria(ドルチッシマ・マリア”通りすぎる人々”)
5.Via Lumiere(ルミエール通り”望むものすべては得られない”)


♪”LUNA NUOVA”(新月”原始への回帰”)
・・・・来日公演の映像から~

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1974年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 4  : 

TIME(タイム)/ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA(エレクトリック・ライト・オーケストラ) 

「宇宙・・・解き明かすのはあなた」(The Universe: Yours to Discover)。

今年(2009年)は、”皆既日食”や流星群等の天体”イベント”ショーも観られるそうですね☆
今度のスペース・シャトルでの邦人乗組員も決まったそうで・・・。
どうやらアメリカでは昨年で”地球は静止”してしまった!?らしい(映画は観ていないので内容は分かりません。)ですが・・・きっとまたしても”全米も泣かれている”のでしょうか!?(苦笑)
新任の大統領もいよいよ!!だと言うときに大変ですね~。。

もうすぐ、ザ・ムーンという”月”(アポロ計画・・)を題材にされた映画もありますよね。。※これまで秘蔵にされていた月面でのフィルムもあるそうですょ!楽しみ♪ですね=
韮澤サンと大槻教授のいる?いない?論争(爆)は限りなく続く様ですが・・・(それは”宇宙人”でしたぁ)

そんなこんなで??って訳でもありませんが、今年は・・・”世界天文年2009”なんだそうです!

ボク的にも”空”を眺めるのは大好き人間なので、何か?今からわくわくします~♪


だったら”ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA”(エレクトリック・ライト・オーケストラ)でしょう。。
848ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
・・・もうジャケからして”宇宙”ですょ☆

無限の時間”をテーマにというコンセプトから、当時の先端コンピューターを限りなく効果的に駆使して激しく音像も展開する、壮大なポップ・スペース・ファンタジー!
と言ったところでしょうか。
また(2)”TWILIGHT”(トワイライト)は・・・ご存知”あの”ドラマ・テーマ曲に使用されたことでも有名でしょうし。


1976年発表の”オーロラの救世主”から’77年の”アウト・オブ・ブルー”、さらに’79年に”ディスカバリー”、そして本作の”TIME”(タイム)辺り(人によっては次作の”シークレット・メッセージ”も?)までのELO・・・と言いますか、ジェフ・リンの創作意欲とそれを具現化させたセンスは凄まじいものがありますよね。
※途中の”ザナドゥ”(映画のサントラ)も含めて―。
多分に時代性をも引っ張っていた、ある意味”仕掛け人”的な印象もありますね。このジェフ・リンさんは・・・・。


ディスカバリー辺りまでは、”オーケストラ”と名乗れるほどに大所帯バンドだったと思いますが、本作では、最小の4名が”ジェフ・リン”号にご搭乗です。
ストリングス隊が解体され、その当時先端を行っていたシンセ群を駆使して、コンパクトに明るく煌びやかに、弾けるポップ!な音像がこのアルバム全体を覆いつくしています。

正直、聴いていてあまりの派手目なサウンドに疲れも・・・感じたりで、途中”小休止”を挟みつつなんです(・・いつも~)。飽きたりしてもまたいずれ聴きたいッ♪と想わせる、ジェフ・リンの柔術!?催眠??にしてやられるのです。。




♪”PROLOGUE~TWILIGHT”(プロローグからトワイライト)静止画。
この”プロローグ”から間髪入れずにの”トワイライト”の流れは、(いつ聴いても)しびれます☆

ちなみに・・”アジアの純真”(パフィー)や パフュームご一行様方がお使いで有名なヴォコーダーは、こちらでも大活躍しています!スター・ウォーズのR2-D2みたいな(加工)声になっておりますが。。


TIME/ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
1981年
1.Prologue
2.Twilight
3.Yours truly, 2095
4.Ticket to the moon
5.The way life's meant to be
6.Another heart breaks
7.Rain is falling
8.From the end of the world
9.The lights go down
10.Here is the news
11.21st century man
12.Hold on tight
13.Epilogue

IMG_0121.jpg
ジェフ・リン(vo,ele-g,aco-g,p,synth)
リャード・タンディ(p,ele-p,synth,g)
ベヴ・ベヴァン(ds、perc)
ケリー・グロウカット(b,vo)

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1981年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

LOST HIGHWAY(ロスト・ハイウェイ)/BON JOVI(ボン・ジョヴィ) 

41ボンジョヴィ


本作”LOST HIGHWAY”(ロスト・ハイウェイ)ですが…個人的にはかなりツボに当たりましたね!
個人的になりますが、彼らボン・ジョヴィの歴代アルバムの中にあっても本作にある音楽性は上位となる”優”へと挙げられてくるでしょうか!あくまで個人的なのですが―。

この最近の2000年代前後に発表された作品で、特に”クラッシュや”すぐ前作の”ハヴ・ア・ナイス・デイらはその音像自体もが時代性に合わせているかの印象がとにかく強くて、確かに、”いいなぁ~♪”と思える楽曲、印象に残る楽曲があるにはあるのですが、どうも何かの”焼き回し”にも似た印象も感じていたり・・・でしたね。

クラッシュ”ではその当時に至ってもまだ!!80年代の”リヴィング・オン・ア・プレイヤー”のイメージを引きずろうとの意図も感じましたし・・(苦笑)。
ハヴ・アナイス・デイ”でもそのさらに前作になる”バウンス”の”音”とも似てる・・・と言うよりはほぼ同じ状態で、結局は”前作”の延長線上といった空気でしたね。もっと彼ら自身で今できる特別な”何か”を魅せて欲しいものなのですが。

なにより個性あるアーティストが周りの状況に合わせてしまう様だと・・・
もう面白味も感じなくなります・・よね。
ましてそれが今や世界的”セレブリティ・ロック・バンド”とも呼ばれるボン・ジョヴィがその安定感を求めてしまう様だと・・・(誰もが?期待している?・・”ロック”には聴こえてきません!
個人的に余計な期待を込めてしまうのが、このボン・ジョヴィだったりするんです。。


で、この本作”LOST HIGHWAY”(ロスト・ハイウェイ)なのですが~
その近年のどこか固定されつつ感のあった”ボン・ジョヴィ・カラー”を本作ではそのイメージをも”とっぱらってくれた”かの印象を受けたのが、とにかく嬉しかったです!!
音像として、近年稀にみる冒険心の感じるサウンドなんですよね~♪

↑アメリカは音楽の街”ナッシュビル”を舞台に撮影されたバンドの面々たち。

写真にもある様にナッシュビルが本作のキーワードになっているんですよね。その”ナッシュビル”・・・と言えばカントリー系ロックですが、このボン・ジョヴィも前作(”ハヴ・ア・ナイス・デイ”収録)のカントリー・テイストを込めたシングル・カット曲が、それ系の専門チャート内でも堂々1位の大ヒットを記録したのです。

その好影響もあってでしょうね!本作はよりカントリー・テイストの空気の強い楽曲が多数ありますね。カントリー・ロックと言ってもアメリカでは、DIXIE CHICKS(ディキシー・チックス)の様な、カントリーな枠だけでは収まりも出来ない様な今風で新解釈的な(もちろん!王道な面の)スタイルも・・・ありますよね―。

今回のこの”ロスト・ハイウェイ”では、カントリー(ロック)には欠かせられないフィドルを多様したり(ワールド・ツアーにも女性フィドラーを連れていました!)、リッチー・サンボラのギターも効果的に響くスライドもあったり・・・
そのリッチーのギタリストとしてのアイデアは今回も素晴らしいでしょうか!カントリー系の様な方面に合っているのでしょうかね・・。

バラエティにも富んでいますし、どうやら本作(世界的なヒットもありましたが・・)、全てで好評を得ていたのかは・・・??でしょうか。ボク個人的には、ここ最近の彼らの作品中でもズバ抜けて嬉しい作品なのですが・・・ね~・・。(繰り返してしまいましたぁ!)

最近ではブルース・スプリングスティーンがアイルランドで行ったライヴ(音盤)や、過去ではそのナッシュビルと言えば!ですが、ザ・バース(グラム・パーソンズが参加時の)やCSN&Y等に興味ある方には、本作もぜひ聴いて頂きたいとも思いますが・・・。
逆に本作を聴いて迷った?方は過去にあった名バンドたちの作品もチェックされてみても、また違う印象もあるかも!?知れませんよね。。



♪”LOST HIGHWAY”(ロスト・ハイウェイ)
・・・2008年に行われた来日公演(名古屋)からの映像の様です。
ボクもこのツアー時の”東京ドーム”へは観戦しました!アルバムに伴うツアーでは、”ジーズ・デイズ”から欠かさずの観戦、足を運んでいるバンドにもなります。
前回はリッチー・サンボラ(g、vo)が直前に骨折という危機的故障もありながらのとにかく辛そうなプレーでしたよね!今回は完全な状態で、やっぱり流石でポテンシャルの高い演奏、存在感でとにかく素晴らしく・・・良かった~♪



♪”ANY OTHER DAY
・・・この曲は贔屓目ですが、大好きな曲ですね~♪
どこか古き良きアメリカンな香りもする様なそんな印象のある曲なのです。
ユー・チューブ画像はリンク切れの場合があるので、あしからず!!







LOST HIGHWAY/BON JOVI
2007年
1.Lost Highway
2.Summertime
3.(You Want To)Make a Memory
4.Whole Lot Of Leaving
5.We Got It Going On
6.Any Other Day
7.Seat Next To You
8.Everybody's Broken
9.Till We Ait't Strangers Anymore (feat. Leann Rimes)
10.The Last Night
11.One Step Closer
12.I Love This Town
13.Lonely
14.Put The Boy Back In Cowboy
13,14はボーナス・トラック

ジョン・ボン・ジョヴィ(vo)
デヴィッド・ブライアン(key)
リッチー・サンボラ(g、vo)
ティコ・トーレス(ds)
ヒュー・マクドナルド(b)

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 2007年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 6  : 

LIVE AT THE RAINBOW LONDON(電撃ライブ)/”Michael Des Barres”=SILVERHEAD(シルヴァー・ヘッド) 

61IBbN0F3sL電撃
1974年11月(9日)、ロンドンにある”レインボー・シアター”で行われたライヴの模様を収録している(シルヴァーヘッド)のアルバムです!
本作の発表当時は、この日本だけの(アナログ・レコード)リリースだったらしく、今回の紙盤が世界”初”になるらしい・・・です。

英国ハード・ロック界隈(!?)では有名プロデューサーになるでしょうのマーティン・バーチ氏を迎えての1st発表が’72年。翌’73年には、印象強いジャケ・デザインが有名でしょうし、ゲストにもイアン・マクドナルド(sax)氏の参加もあったりで、その話題性もあった2ndと発表してきての本作になるのですが・・・。
2nd発表後すぐに3rd作(タイトルに”ブルーティフル”と決まっていたらしい・・)の制作が始まり、それとほぼ同時期に行われたライヴ公演の音源が、本”電撃”のライヴ盤になります。
ただ、このライヴ盤を発表する相当の以前に、バンドはすでに”解散”(’74年夏)しています。
マイケル・デ・バレス自体も次のプロジェクトへと移行されていたそうで―。

幻!?の3rdアルバムへ収録されるべきはずだった楽曲も演奏されているという面でも本ライヴ盤の(ファンにとっては)貴重度があるでしょうか。
(1)、(4)、(5)=”凶暴の美学”(2nd)
(3)、(6)、(7)、(8)=”恐ろべきシルヴァーヘッド”(1st)
(2)=アルバム未収録もの
(9)と(10)はマイケル・デ・バレスのソロ的様相モノでしょうね。


何と言っても邦題のタイトルに”電撃”ですものね。。
聴こえてくる音もこの時代特有な生っぽさが充満していますよね=
中心人物でもあってボーカルのマイケル・デ・バレスの”ウマ・ヘタ”(いや、どちらかと言えばヘタ?か・・・)感が余計に危なっかしさをも演出している様で―。
その汗も飛び散る熱気がバシバシと伝わってくるんです。

このボーカル音がマイクを通じてくる電圧感も、ギターやベースの電圧感も・・・
これぞの”英国ハード・ロック”な感触がとにかくイイ♪

本盤、ヘッドフォンをしてできるだけ大きな音で感じたいものです。
最近の寒さも不況?もぶっとばせっ!!ですよ。

ジャケ表は、そのライヴな写真で、なかなかいいかなぁ~と感じていましたが、よくよく観ればそのマイケル・デ・バレスだけ!じゃない!?
なんですが、裏ジャケにはちゃんと他メンバーも写っています。
けど・・・おまけみたい(苦笑)。



LIVE AT THE RAINBOW LONDON/”Michael Des Barres”=SILVERHEAD
1975年
1.Hello New York
2.James Dean
3.Sold Me Down The River
4.Rock Out Claudette, Rock Out
5.Only You
6.Ace Supreme
7.Rolling With My Baby
8.Will You Finance My Rock And Roll Band
9.Leon(Michael Des Barres)
10.New Moon Tonight(Michael Des Barres)
※(9)、(10)はボートラ




♪”HELLO NEW YORK”(ハロー・ニューヨーク)

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 1975年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 2  : 

HEAVENLY BEATLES(ヘヴンリー・ビートルズ)/KENNEDY CHOIR(ケネディ・クワイア)  

HEAVENLY BEATLES/KENNEDY CHOIR(ケネディ・クワイア)を聴きました。(←リンク先はAmazonです。試聴もできるようです。)


KENNEDY CHOIR(ケネディ・クワイア)というのは、
要するに・・・”聖歌隊”です。少年少女合唱隊とでも言いましょうか。
この”ケネディ・クワイア”は、1983年に現ディレクターの”ラウル・フリッチェ”(1960年生まれのブエノス・アイレス出身)氏が創設し、子どもから成人に至るまで500人になるメンバーが在籍しているそうでもあります。
音楽活動のほかにも、慈善施設、病院、基金、地方の学校等を多数援助されてきていたり、HIV/エイズに対する闘いや、平和と子どもの権利をユネスコと共に、多くのコンサート活動に取り組みつつも支援されているそうなんです。
そのユネスコからは活動や功績も認められ、”カルチュラル・ランドマーク”(文化的象徴)にも指定されました。(参考、CD盤解説より・・)



このCDは、純真に柔らかく包み込む様な”女声”をメインにその聖歌隊の重奏コーラスと、温かさのあるアコースティックなサウンドで綴るビートルズ、カバー曲集です。
このCDを流しているときは、小さな部屋の中にあっても時間はゆっくりと刻まれ、そして凛とした気分でとても心地良くもあって落ち着いていれるのです。
ヒーリング効果は絶大かも!?です。快食・・・快眠・・・か、快・・○・・・も?

個人的にもビートルズの楽曲はどれも好きなので、収録曲のどれもが印象的にそして好意的にも受け入れられ楽しめるのですが・・・
(1)”ACROSS THE UNIVERSE” (アクロス・ザ・ユニバース)、(2)”SOMETHING”(サムシング)、(7)”MICHELLE”(ミッシェル)にそして(10)”LET IT BE”(レット・イット・ビー)、(12)”HEY JUDE”(ヘイ・ジュード)といった曲は特に感慨深く印象も大でしたね―。


やっぱりこのクリスマス時期ですが、チャペルでのゴスペル的だったり聖歌隊なコーラスに、さらにはサウンド(チャーチやパイプ等のオルガン系)って、どうも心に響いてくるようです♪
とても落ち着きますね=

今頃、街のケーキ屋さんは”死に物狂い”な忙しさ!!!だと思います☆
以前、勤めていたパン工房(工場)のすぐ横には、ケーキ工房もあって、そこで働く職人さんたちは、”魂も抜けて・・・”いましたから~この時季は。

今年は(も!?)、予約ケーキはとっていなかったのですが・・・
とびきり美味しいのを職人さんたちに敬意を表しつつ・・どこかへ食べ行こうかなぁ~



HEAVENLY BEATLES/KENNEDY CHOIR
2007年
1.Across The Universe
2.Something
3.All My Loving
4.A Hard Day's Night
5.Yesterday
6.With A Little Help From My Friends
7.Michelle
8.Ticket To Ride
9.Eleanor Rigby
10.Let It Be
11.Penny Lane
12.Hey Jude

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 2007年 
未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。